【元美容師が口コミ】リライズ(グレー)7日後の色持ち&染まりを検証レビュー!

元美容師Mです。

大手化粧品会社さんから販売されている『白髪用髪色サーバーリライズ』の”グレーアレンジ”というカラーの7日後の色持ちや染まり具合を画像を添えて解説していきます!

白髪用髪色サーバーって一体なんだ?って感じですが・・・実はカラートリートメントよりも”かなり刺激の強い成分”が配合されている”染毛料”なんです。

私も購入するまでは「カラートリートメントくらい優しい成分で出来ているんだろうな~」っと思っていたんですが、購入後に成分表記を見ると白髪染めと同じ”アルカリ剤”が配合されていました。

アルカリ剤は髪や頭皮にダメージを与えまくる成分なので、あなたが「髪や頭皮に優しい白髪染めを使いたい!」っと思っているなら、染まり云々以前にリライズは辞めたほうが懸命です。

今回の記事では、リライズのグレーアレンジが「どの程度染まるのか?」「色持ちはどうなのか?」を検証していきます!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束では純粋にカラートリートメントの色味を見ていき、白髪のトリートメントでは実際に白髪に染めた時の”白髪のカバー具合”を見ていきます。

黄色の毛束では黄色みの強い毛に染めた時の”色味”を見ていきます。

そして、、、記事後半ではより現実に近い7日後の色持ち感を見る為に、最も色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回繰り返し、実際の7日後の色落ち感を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

ただ、今回のリライズは冒頭でもお伝えしたようにカラートリートメントよりも刺激の強い”エタノールアミン”のというアルカリ剤が配合されています。

水、エタノール、エタノールアミン、ベヘニルアルコール、ステアリルアルコール、PG、ミネラルオイル、セテス-40、ステアルトリモニウムクロリド、オレイルアルコール、アスコルビン酸、亜硫酸Na、セテス-2、リン酸、ジメチコン、香料、ジヒドロキシインドール、アモジメチコン、セテアレス-7、セテアレス-25、乳酸

髪の毛はアルカリ性に傾くと、表面のキューティクルが開き栄養分が流失しダメージの原因になるんですよ。

通常の白髪とは違い過酸化水素やジアミンなどは配合されていないものの、髪や頭皮にダメージを与えたくない!って人はこの時点でリライズは候補から外したほうが良いです。(私だったら絶対使いません・・・)

ただ、どのくらいしっかり染まるのか?知りたい人(私)もいると思うので、染まりや色持ちを解説していきますね!

という事で『白髪用髪色サーバーリライズ』”グレーアレンジ”で染めた結果がコチラ↓
う~~~ん、アルカリ剤を配合している割には染まりは非常に悪いです。

アルカリ剤は配合されているものの、花王独自の”天然由来着色成分”の発色があまり良くないのか?うっすらグレーに染まる程度。

もちろん、複数回連続で染めればどんどん染まりは良くなってきますが、アルカリ剤を配合しているので、染めれば染めるほど髪にダメージを与えることになります。

これしか染まらないのに、髪も痛むんだったらカラートリートメントの方が100倍優れていると思うのですが・・・

グレーアレンジという商品なので「白髪をガッツリ隠したい!」というよりも「白髪を綺麗に染めたい!」という商品かもしれませんが、コレジャナクテモと凄く感じます。

まあ、まずは1つずつ毛束をチェック、チェック!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味のチェック!やはり1回では染まりが弱すぎますね(汗)うっすらグレーに染まってるくらいで、白髪を隠せる!という感じではありません。

そもそも、グレーアレンジというネーミングなので、ガッツリ白髪を染めるという商品ではなさそうですが、、、ちょっと微妙すぎぃ!!

この商品がアルカリ剤も配合されていおらず、髪に優しいカラートリートメントなら、、、まあグレーアレンジという商品なのでアリかもしれません。

ただ、このリライズは何度も言うように通常のカラー剤と同じアルカリ剤が配合されていてコレしか染まりません。

これを使う意味があるのか?ちょっとメリットが私にはあんまり感じられないなぁと言うのが本音。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて重要な白髪の毛束に染めた場合の染まり具合。

なのですが、画像で見ると「えっ?染めるの忘れているんじゃないの?」ってツッコミが来そうなほど、染まりが悪いです(汗)

よーく観察するとうっすーーら、グレーっぽくなってはいるのですが、ほんとにチョット。

恐らく、これで一回染めして会社に言っても誰にも気づいてもらえない可能性が高いかと。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

黄色っぽいハイダメ-ジなブリーチ毛に染めた場合です。

3つの毛束の中で最もわかりやすく染まっているのですが、、、緑っぽい色に発色しちゃっていますね。

髪の毛本来の黄色味とリライズの染料が混じって緑っぽく発色しているのだと思われます。

もし、あなたが白髪染めを繰り返したダメージ毛で、”黄色みのある白髪”だった場合はこのように緑っぽく発色する可能性もあるので注意。

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて気になるのが、「7日後の色持ち具合」です。どんなに色持ちがよいカラーでもたったの数日で色落ちしているようだったら、お金も手間もかかりまくりますので・・・

で、今回のリライズなのですが、アルカリ剤を配合しているのもあって、通常のカラートリートメントより色持ちはGOOD!です。

リライズグレーアレンジ7日経過後の毛束ちゃん達がコチラ↓

染毛直後の染まり方がかなり悪かったので、即効で色落ちするか?!ッと思いきや意外としぶとく染料は残っています。笑

今一度、染毛直後の画像をあなたにも見ていただきたい↓

最初の時点であんまり染まっていないのですが、「どっちが7日経過後でしょう?」っと言われたら分からないくらいしぶとく染料が残っていますね。

流石にアルカリ剤を配合しているので、色持ちはカラートリートメントよりも断然GOOD!です。

一回の染毛だと「染まり悪ッ」って感じなのですが、髪や頭皮のダメージを気にしない人が使う分には連続で染めるのはアリかもしれません。

7日経過ごの毛束も1つずつ細かくチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは純粋な色味の変化をチェック!「あれ、本当に7日経過後の画像?」っとツッコミ来そうなほど、変化が少ないです。

っというよりもむしろ7日経過後の方がやや発色が鮮やかになっているような・・・

これは花王独自の染料がジヒドロキシインドールが酸化重合(空気中の酸素を取り込んで発色)で発色している為、時間経過とともに発色がよくなっていると思われます。
(あくまで予想ですが・・・)

染毛直後が”THEグレー”という感じの色味ですが、7日経過すると”アッシュグレー”のような感じにやや青っぽさを感じる綺麗なグレーになりました。

白髪を隠す!っという点で考えるとかなり物足りないですが、白髪を綺麗に見せる!っという視点で考えれば、綺麗な発色だと思います。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて白髪の毛束の変化ですが、、、うーん染毛直後からして染まっている!って感じではないので変化が分かりづらいです。

ただ、こちらの毛束に関しても上記の白の毛束同様に、7日後の毛束の方がやや発色が良いように感じます。

しっかり白髪を隠せている!って感じでは全くありませんが、ロマンスグレーを目指すならアリな発色かと。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

問題はこの黄色味のある毛束。ツヤ感が大幅に失われた上、緑っぽさは相変わらずかなり感じられます。

あなたが「緑っぽい色でもOk!」っというなら問題ないですが、”グレーアレンジ”という名称の商品なのでこの発色で満足する人はいないんじゃないかと。

【結論】ダメージを気にしない、白髪を綺麗に見せたいならOK!

ちょっと辛口めなレビューになってしまいましたが、あなたが

「白髪を染めるのではなく、綺麗なグレーヘアを目指している」なおかつ「髪や皮膚のダメージは気にしない」

と言うなら、使ってみるのは有り!かと思います。

ただ、やっぱり気になるのは市販の白髪染めにも多く含まれる『エタノールアミン』というアルカリ剤ですね。

このアルカリ剤は美容室で使用されるカラー剤のアルカリ剤よりも、毛髪内部に残留しやすく何時までもネチネチとダメージを与え続けるんです。

流石に通常の白髪染めなどに配合される”ジアミン”や”過酸化水素”といった強烈にダメージを与える成分は配合されていませんが、アルカリ剤でも3回も4回も使っていったら徐々にパサついてくるのは間違いないです。

一般的な白髪染めよりはだいぶマシではあるものの、白髪染めカラートリートメントよりは断然ダメージを受けるので、ヘアダメージを気にする人は避けておいた方が懸命かと思います。

う~ん、アルカリ剤を配合していても一発で綺麗に染まるならオススメも出来ますが、一回だと染まり悪いですしかなり中途半端な商品な気が(汗)

もし、あなたがリライズの購入を検討しているなら、ぜひぜひご参考の1つにしてみてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。