【元美容師が口コミ】利尻トリートメント(ダークブラウン)7日後の色持ちは?

元美容師Mです。

ついにコイツをレビューする時がやってきました。カラートリートメントの王道とも言える『利尻カラートリートメント』シリーズの王道カラー”ダークブラウン”を検証る時がっ!

カラートリートメントと言えば「利尻!」というほどの人気商品で、その中でも最も人気色が今回の”ダークブラウン”なんです。

王道中の王道とはまさにこの事なのですが、実際に人毛に染めてみて向いている人、向いていない人が分かってきました。

ということで、カラーリストとして1000人以上は白髪染めしてきた私が『利尻カラートリートメントダークブラウン』の7日後の色持ち、染まり具合を徹底検証していきます!
【1000円OFF】利尻カラートリートメントの現在の価格、詳細はコチラ!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白い毛束ではカラートリートメントの純粋な”色味”を見ていき、中央の毛束では実際に白髪に染めた時の”染まり具合”をチェックしていきます。

更に黄色の毛束では”黄色っぽい白髪に染めた場合”の染まり具合をチェック!

記事後半では最も色落ちの原因となる”シャンプー”を7回繰り返し、7日後の色持ち具合を徹底検証していきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

利尻公式サイトでも「10分で染まる」的な事が記載されていますが、人によって白髪って全っ然染まりやすさが違います(汗)

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事で利尻カラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓
流石カラートリートメントの老舗ブランドということもあって、かんなりしっかり染まっています。

色味的にはただ単にブラウン色ってわけでも無く、ほんのり紫味を感じるダークブラウンですね。

利尻シリーズの中では最も暗い”ブラック”よりも一段階明るめに設定されていはいますが、他メーカーの”ダークブラウン”よりもやや暗めな感じ。

引用:利尻カラートリートメント公式

では、1つずつ毛束を細かくチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは利尻カラートリートメントの純粋な”色味”をチェー-ック!上記でも書いたようにほんの~り紫味を感じる深みのある”ダークブラウン”色です。

紫味は感じるものの、嫌らしい色味でもなく本当にほんのり感じる程度なので、「ほんの少しでも紫味が出たら絶対イヤッ!」って人でも無ければ気にならないかと。

むしろ、紫味は最もツヤ感が演出できる”色味”ではあるので、ツヤ感が欲しい方にはもってこいの色味です。

他メーカーさんの”ダークブラウン”カラーも10種類以上は検証してきましたが、利尻のダークブラウンはしっかり染めるのを重視しているのか、やや暗めに設定されていますね。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

次に実際の白髪に染めた場合の毛束がコチラ。

う~~ん。素晴らししぃ!白髪カラートリートメントなので当たり前と言えば、当たり前ですが完全に白髪はカバー出来ています 笑

やや暗めのカラー設定ではあるものの、”白髪を染める”という点では他メーカーの”ダークブラウン”を凌駕しています。

家で何時でも、誰でもダメージレスでこれだけしっかり白髪が染められるなんて・・・

何だか私の美容師としての、白髪染め経験を否定されているようで悔しさすら感じます(涙)

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて黄色の毛束がコチラ。かなりしっかり染まっており完全に黄色味は消え失せています。

白髪は人によっては黄色っぽくなってしまいそれがイヤ!と言う人も多いですが、利尻ダークブラウンは黄色味を抑えるのに使うのも有効ですね・

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後がいくらしっかり染まったからと言っても、たった2,3日で色が落ちたら再染毛の頻度が上がり、お金も時間も無駄にかかりまくります。

せっかく、楽に染めたいのにそれじゃあ意味がありません。

ということで、当ブログでは7日後の色持ち具合を検証していきます。

しかも、只々7日間放置するだけってわけじゃなくカラートリートメントの最も色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回連続で繰り返し、よりリアルな7日後の色持ち具合を検証していきます。

コチラが利尻ダークブラウンの7日後の毛束達↓
7日も経過しているので、全体的に染料が落ちて色味が薄くなってはいるのですが・・・

まだまだガッツリ染まっていて、贔屓無しで言ってもか・な・り色持ちが良いです。

今一度、”染毛直後の毛束”もみて頂きたいです↓
確かに薄くはなっている。なってはいるんですが色持ちに関して言えば、どの他メーカーの”ダークブラウン”よりも持ちが良いです。

「こっこれが王者の実力なのか・・・!」と実験しながら呟いてしまいました 笑

また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
ほんのり色味が薄くなっているのが確認出来るかと思います。画像中央あたりは特に色味が薄くなっているのがわかりやすいですね。

ただ、本当にマジのガチで色持ちはトップクラスに良いです。

これは私が利尻をオススメしたくて忖度しているわけじゃなく、ほんっっとうに色持ちが良いんです。
(むしろ、あちこちでオススメされているのでボロクソに言ってやろうかと思っていたくらいです)

色味に関しても、7日経過してもほぼ変化がないので「最初はグレーっぽかったけど、日にちが経って赤くなってきた・・・」なんて事もありません。

あなたが色味の変化を楽しみたい!という場合は面白みに欠けるかもしれませんが、自然に白髪を染めたい派なら最高ですね。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
そして、白髪の毛束なのですが・・・こちらに関しては「えっ?染毛直後と何か違うの?」と読者さんからお怒りが来そうなほど分かりづらいです(汗)

ただ、変化が分かり辛いということは=色持ちがかなり良いとも言えます。

王道カラートリートメントの利尻だからと言って、贔屓などしたくないんですが本当に色持ちが良いんです。

今もこの記事を書きながら実際の毛束を何度も、何度も、何度もサワサワして見ているんですが白髪はかなりカバー出来ています。

もちろん、カラートリートメントなので通常の白髪染めよりかは、”白髪浮き”している部分もありますが、トリートメントでこれだけ染まるなら文句なしっ!

あなたの白髪の染まりやすさによって、再染毛の時期は変わりますが5~7日に一回などでも、白髪はカバー出来るかと思います。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
黄色みに関しても7日経過してもしっかり抑えられています。

本当にほんのすこ~~し、赤みが出てきた?っという感じもしますが、気になるレベルではないです。

あなたが黄色っぽい白髪で、黄色みを抑えたいと言う場合でもアリ!な商品かと思います。

【結論】王道中の王道だが、注意点も・・・

もう、ハッキリ言って白髪カラートリートメントの中でトップクラスの色持ち、染まり具合で文句の付け所がありませぬ。

ネット上の白髪カラートリートメント記事など見ると、どこもかしこも「利尻がオススメ!」と書かれているので「そんなに変わらないだろ!」と一人で興奮していましたが、私の間違いでした・・・

もし、あなたが「しっかり白髪を染めたい」「出来るだけ長持ちさせたい」というならぜっったいに利尻ダークブラウンは候補に入れるべきです。

ただし!!注意点というかもはや個人の好みの問題なのですが、ほんの~り紫味を感じたので「より自然なブラウンが良い」と言う人はマイナチュレのダークブラウンの方をオススメします
検証】7日後の色落ちは?マイナチュレトリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底レビュー!

よりブラウンらしい、ブラウンという色味の点ではマイナチュレの方に軍配が上がるかなぁと思いました。

ぜひ検証記事を比較して頂き、決めて頂ければと思います。
【1000円OFF】利尻カラートリートメントの現在の価格、詳細はコチラ!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。