【元美容師が口コミ】利尻トリートメント(ライトブラウン)7日後の色持ちは?

元美容師Mです。

白髪用カラートリートメントと言ったらコレ!と言わんばかりにあちこちで絶賛されているのが、今回の『利尻カラートリートメント』です。

今回は利尻の中でも「最も明るい」ライトブラウンの色味、7日後の色持ちを徹底検証していきます。

正直、あちこちで絶賛されているので逆に怪しいなぁ・・・と感じたのですが、実験してみて納得。んめちゃくちゃ染まりが良いんです 笑

という事でもし、あなたが利尻カラートリートメントのライトブランを検討しているならぜひ最後までお読み頂き参考にして頂ければ幸いです!
【1000円OFF】利尻カラートリートメントの現在の価格、詳細はコチラ!

【染毛実験】染まり具合、色味、7日後の色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束では純粋に”色味”をチェックしていき、白と黒が混じった毛束では実際に白髪に染めた時の染まり具合を検証。

黄色の毛束は黄色っぽい白髪の人が染めた場合の染まり具合を検証していくっという感じです。

そして、”7日後の色持ち検証”はただ単に毛束を7日放置するのではなく、「最も色落ちの原因と言われるシャンプー」を7回連続ですることで、より現実に近い7日後の色持ち具合を検証していきます。

早速それぞれの毛束を染めた時の染まり具合をチェックしていきましょう!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

利尻の公式サイトでも「10分程度放置する」と記載されていますが、もっと時間を置くべきだと思います。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事で利尻カラートリートメント(ライトブラウン)で染めた結果がコチラ↓
あれ?これライトブラウンですよね?と呟いてしまうほど、かなりしっかり染まっています。 笑

他のメーカーのカラートリートメントのダークブラウン…いや、それ以上にしっかり濃く染まりました。

公式サイトのイメージ表を参照してみると、同シリーズの中では最も明るいラインナップになっています↓
引用:利尻カラートリートメント公式

そして、何よりお伝えしたいのが・・・赤みがかなり強いッ!!ということです。赤みの好き嫌いは個人差がありますが、赤みが苦手!という人は使うべきじゃないと思います。

ということで1つずつ詳しく毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずが色味チェックということで、白の毛束ですがもう誰が見ても「赤いッ!」と叫ぶんじゃないか?と思うほど赤みが強いです。

と言っても、ただただ赤いってわけじゃなく上品なレッドバイオレット(赤紫)のような赤みなので、一昔前の派手なおばちゃんみたいにはなりません。

好き嫌いは分かれる色味ではありますが、あなたが赤系が好みというのであれば、最高に綺麗な色味のレッドブラウンと言えます。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

実際の白髪に染めた時にもっとも近いのがこの白髪の毛束。

他のメーカーで販売されているブラウン系の色味よりも、かなり!かなり!!かなり!!!しっかり染まっています。

流石、カラートリートメントの王者とでも言うべきか、染まり具合に関して言えば、本当にトップレベルです。

ただ、公式サイトで表示されているイメージ図↓
引用:利尻カラートリートメント公式

よりも、私が染めた毛束はかなり赤みが強くでましたので、イメージ図を期待して購入すると「思ったよりも赤い!」と感じる可能性が高いです。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

黄色の毛束に関しても、文句の付け所が無いほどガッツリしっかり染まっています。

これだけしっかり染まれば、白髪の黄色みを抑えたいという人もかなり抑えられるはずです。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後はしっかり染まっていても、すぐに色落ちしてしまっては全く意味がありません。

当ブログでは、色落ちの原因と言われる”シャンプー”を7回ほど繰り返すことで、7日後の色落ち具合を検証していきます。

シャンプー⇛ドライ⇛シャンプーを7回ほど繰り返せば、7日後にどの程度色落ちしているのか?チェック出来るというわけです。

という事で7日経過後の色落ち具合がこちら↓

7日も経過しているので、流石に若干の色落ちは見られるものの、お世辞抜きでかなり色持ちが良いです。

「カラートリートメントでこんなに色持ちしちゃって、美容室は大丈夫なのか?!」っと心配してしまうほど、色持ちが良いです 笑

もう一度染毛直後の画像と見比べて頂きたいです↓

白の毛束なんかは色が落ちて、赤みが顕著に落ちていますが白髪の毛束なんかは薄っすら色味が落ちた?程度の色落ちです。

染毛直後はレッドバイオレットだったのが7日経ち、色が落ちてきてワインレッドブラウンに変化していきたという感じ。

また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓

7日経過後の画像↓

この白の毛束が最も色落ちを感じやすいです。と言っても7日経過後でもまだまだしっかり染料が毛髪に残っているのが確認出来ます。

全体の毛束画像でもお伝えしたように、染毛直後はレッドバイオレット系だったのが染料が落ちてきて、ワインレッドっぽい色味に変化しています。

何れも赤みは強いものの、嫌らしい赤みではないので「赤系が好み!」という方には最高の色味かと。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓

7日経過後の画像↓

いやはや、カラートリートメントの王者とだけあって、んめっちゃ色持ちが良いです 笑

白の毛束と違い黒の毛も混じりなじんでいるので、色落ち具合が分かりづらいもののよーーーく見ると全体的に色が薄くなっているのが確認できます。

っと言っても、7日経過してこれだけガッツリ染料が毛髪に残ってくれるのは他メーカーでは殆どないし、トップクラスの色持ちなのは間違いないです。

あちこちで、大絶賛されているので色持ちが悪かったら、ボロクソに書いてやろう!とか思っていたのですが・・・

私が間違っていました(汗)これだけ色持ちが良いなら文句の付け所がありません、

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
染料が全体的に落ちて、ワインレッドブラウンといった色味になっているのは黄色系の毛束でも変わらず。

やはり赤みはかなり強いな~と感じるものの、白髪の黄色みをかなり抑えられるので、あなたが黄色みを抑えたい!という場合は満足度は高いでしょう。

【結論】トップクラスの色持ち!ただし・・・

「カラートリートメントと言ったら利尻!」と言われるだけあって、他メーカーよりもしっかり染まり、しっかり長持ちするなぁと感じたのが私の本音です。

ただし・・・

私が今回毛束を染めた限りでは、メーカー側が記載しているイメージ図よりも、かなり×10赤みが強くでましたので、あなたが「赤みが苦手!」という場合は避けたほうが懸命です。

そしてもう一点が”ライトブラウン”という商品名ですが、他メーカーのブラウン以上にしっかり染まる!という点です。

他メーカーの一番明るいブラウンなどとぜひ見比べて欲しいのです
【徹底検証】7日で色落ちする?プリオールトリートメント(ブラウン)の染まり具合をレビュー!

【レビュー】7日で色落ちする?ルプルプトリートメント(ブラウン)の染まり具合を検証した結果・・・

どちらも今回のライトブラウンと同様、各メーカーでもっとも明るいブラウンという位置づけのカラーですが、もう100人中100人が全然違うっ!と言うほど明るさが違います(汗)

もし、あなたが他メーカーのブラウンくらいの明るさだと思って、使ってしまうと「思ったよりもかなり暗い!」と感じる可能性が高いので要注意。

その2点さえ、気をつけて頂ければ最高レベルのカラートリートメントなのは1000人以上白髪染めをしてきた私から見ても、間違い無いかと思います。

利尻カラートリートメントを検討している方は、是非是非参考にしていただければ幸いですm(_ _)m
【限定特典付き&1000円OFF】1900万本販売!利尻カラートリートメントの現在の価格や詳細コチラ!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。