【元美容師が検証】利尻シャンプーで白髪は染まらない?20回使用後の結果・・・

元美容師Mです。

白髪染めシャンプーとして超人気商品『利尻白髪染めカラーシャンプー(ブラック)』はどれだけ白髪が染まるのか?!を検証していきます。

結論から言ってしまうとこれだけで「白髪をしっかり染めるのは難しい・・・」っと感じたのが本音です。

なぜかあちこちの白髪染め検証サイトでは「しっかり染まる!」っと紹介されているのですが、元カラーリストの私が検証した感じですと、しっかり染まる!とは言い難いです。

っと言ってもまっったく1%も染まらないってわけでも無く、ある程度白髪を綺麗に際立たせるくらいならアリかなぁという感じ。

では実際にどのくらい染まるのか?毛束を染毛した画像を交えて解説していきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

利尻シャンプー現在の価格や詳細はコチラ

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の毛束では、シャンプーの純粋な”色味”をチェック。そして中央の白髪交じりの毛束では実際に白髪に染めた時にどれだけカバー出来るかをチェックしていきます。

染毛直後の染まり具合チェック

シャンプー液を手の平に出してみると「これはイカ墨か?!」っとツッコミを入れたくなるほど真っ黒な液が出てきました。笑

恐らくイカスミパスタソースだよ?っとテーブルに出されても、気づかず口にしてしまうほどのブラック加減。

「おお!これは期待できそう!」っと思ったのですが・・・

10回利尻シャンプーで染めた結果・・・

こちらが利尻シャンプーで10回シャンプーした後の毛束ちゃん達。

まあ一応は染料が髪に入っている感じではありますが、白髪をボカせるか?と言うとかなり厳しい感じです(汗)

よくランキングサイトなんかにあるように「これだけでしっかり白髪が染まる!」と言うのはまずありえないかと。

20回利尻シャンプーで染めた結果・・・

20回シャンプーした毛束ちゃんたちがコチラ。10回の画像に比べると、やや色に深みが出てきている印象。

10回の時よりも更に染まっている感はあるのですが、、、う~ん。やはりシャンプーだけで白髪を完全に染めるのは難しそう。

ちなみに20回ほどシャンプーするとこの毛束の量でも、容量の3分の1以上は減っています。

コストパフォーマンスについてもそれほど良くないですし、あなたがしっかり染めたい派なら絶対にカラートリートメントの方がオススメです。これは断言出来ます。

10回シャンプー後
20回シャンプー後

それでは次は、1つ1つの毛束の変化をチェックしていきましょう!

【色味チェック】白の毛束

【10回後】シャンプー後(白の毛束)

まずは白の毛束で”色味”をチェック。ブラックカラーでシャンプーしたのですが、実際には”やや緑っぽいグレー”という感じの色に染まっています。

元美容師の私からすると「シャンプーに染料を配合しているだけだからこんなもんかぁ」っとある程度は納得できます。

シャンプーは界面活性剤(洗浄成分)に無理矢理染料を配合しているものなので、これだけ染まれば御の字。

が!パッケージに表示されているように”ブラック”に染まることを期待するとガッカリする可能性は大かと。

【20回後】シャンプー後(白の毛束)

更に追加で10回ほどシャンプーすると色の深みが増し、”アッシュグレー”っぽく染まりました。

これはこれで綺麗な色味。ではあるのですが、パッケージに記載されてるブラックとはやっぱりちょっと程遠いな~と言うのが正直な所。

20回シャンプーしてこれだけしか染まらないという事は、ブラックに染めるまで100回くらいシャンプーする必要があるんじゃないか?ってくらい染まりは良くないですね(汗)

もし、あなたが「白髪をほんの~りグレーっぽく染めたい」と言うならアリだとは思います。

10回シャンプー後
20回シャンプー後

【染まり具合チェック】グレイ(白髪交じり)の毛束

【10回後】グレー(白髪交じり)の毛束

うっすらとグレーっぽく染料が入っていますが、白髪部分と黒髪の部分は全然ボカせていません・・・

ちょっと毛束に色味が付いた?くらいなもので、元美容師の私としては「白髪が染まった!」とは口が裂けても言えませぬ。

【20回後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて20回シャンプーした後の毛束がコチラ。う~ん、正直「本当に20回シャンプーした?」っとツッコまれそうなほど変化に乏しいです(汗)

10回の時と同様、一応は毛束に色が付いているのは間違いないのですが、画像をよく見れば白髪部分は”丸出し状態”ですし、決して白髪が染まる!とは言えません。

20回一生懸命シャンプーしてもたったこれだけしか染まらない・・・という事はつまり20日経過してもしっかりは染まらないという事です。

20日も経過したら、根本の白髪が伸びてくるのでまた白い部分が出てきてしまっている状態です。

毛先の方がシャンプーをすればするほど、染料が重なって暗くはなっていきます。が!根本部分は永遠に白っぽいままという事ですね(汗)

カラーシャンプー自体、洗剤に染料を配合しているだけの商品なので、これが限界かぁと感じたのが正直な所ではあります。

10回シャンプー後
20回シャンプー後

【染まり具合チェック】黄色みが強い(ハイダメージ毛)白髪

【10回後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

うおっ!こんなに染まるのかい!っとビビったのがコチラの毛束。ブリーチ処理をしているのでかなりのハイダメージ毛で黄色みも強い毛束です。

基本的にどんなカラーでもダメージを負っていれば負っているほど、染料が髪の内部まで入り易くなるので染まりやすくなります。

今回の利尻シャンプーでもダメージ毛に対しては、かなり染まりは良い感じ。これだったら誰が見てもブラックに染まっていると言い切れると思います。

白髪に出てくる嫌らしい黄色みに関しても、ほぼ完全に消え失せています。

もし、あなたが白髪染めを繰り返していてダメージ毛であるなら、ここまでは染まらなくてもそこそこ染まる可能性はあるかと思います。

【20回後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて20回シャンプーした後の毛束。10回の時からかなりブラックだったので、それほど変化は感じません。

ただ、染料が更に入り込んで”緑っぽい黒”に変化している感じはありますね・・・

毛束がハイダメージなのもあって、かなり黒々しているのでそれほど緑感はありませんが、気になる人は気になるかも。

10回シャンプー後
20回シャンプー後

【結論】白髪を綺麗に見せる程度ならアリか。

いくら有名白髪染めシャンプーでも、これだけでしっかり白髪を染めきるのは難しい!っというのが私の心からの本音です。

元々美容師をやっていたのもあって、過去にカラーシャンプーなどもいくつも使ってきているのである程度は予想できましたけどね・・・

ただ、全く染まらない!ってわけでも無く白髪に色味を付けると言う感じで、「白髪を綺麗に見せる」目的で使って見るならアリかとは思います。

もしくは、白髪染めカラートリートメントと併用して、染まりを長持ちさせる意味合いでサブ的に使のもアリ。

でも何度でもお伝えしますがカラーシャンプーは”洗剤に無理矢理染料を配合している”だけなので、これだけで綺麗に染まりっこ無いです(汗)

利尻が悪い!っというわけじゃなくて、カラーシャンプー自体の限界って感じですね。

「これだけでしっかり白髪が染まる!」というような情報を発信しているサイトも見かけられますので、その点は要注意。

価格に関しても、200mlで3780円+送料540円(公式サイト価格)とかなり高め。
利尻シャンプー現在の価格や詳細はコチラ

「カラーシャンプーなら白髪染め代とシャンプー代を一緒にできてオトク♪」なんて考えでは使わないほうが良いかと(汗)

もし、あなたが自宅で白髪をしっかり染めたい!と言うなら、間違いなくカラートリートメントをオススメします↓
【129品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

シャンプーと違ってかなりしっかりめに白髪を染めることも可能です(正直、ここまで染まるとは思いませんでした・・・)

ぜひぜひ参考にして頂ければ幸いです!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。