【元美容師が評価】サロンドプロ白髪トリートメント(ダークブラウン)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回はサロンドプロという白髪カラートリートメント”ダークブラウン”の7日後の色持ち&染まり具合を画像を交えて徹底解説していきます。

商品が”サロンドプロ”というネーミングなので、「サロンで染めたようなクオリティで染まる」ものだと思っちゃいますが、違います。

このサロンドプロ、、、全くもってサロン品質で白髪は染まりません(汗)

っというのもダークブラウンっと言う割に色味が薄いというか「これブラウンじゃねぇぇ!」って感じの色味なんですよね・・・おまけに色持ちもかなり悪いですし。

っということで実際にサロンドプロで染めた毛束を見て、染まり具合や7日後の色持ち具合を見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束では純粋にカラートリートメントの色味を見ていき、白髪のトリートメントでは実際に白髪に染めた時の”白髪のカバー具合”を見ていきます。

黄色の毛束では黄色みの強い毛に染めた時の”色味”を見ていきます。

そして、、、記事後半ではより現実に近い7日後の色持ち感を見る為に、最も色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回繰り返し、実際の7日後の色落ち感を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

サロンドプロのパッケージにも「放置時間はたったの5分」と書かれてはいますが、5分でしっかり白髪が染まる人なんてほぼいません。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でサロンドプロカラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓
あまりにもブラウンっぽくない色味なので「こっこれはダークブラウン、、、なのか?!」っと衝撃を受けてしまいました。笑

明らかに他メーカー製のダークブラウン商品よりも、ブラウンの色味が薄く”アッシュグレー”のような青みのある色味です。

これをダークブラウンっていうのはちょっと無理があるかと・・・

もし、あなたが深みのある自然なブラウンを求めているなら今回のサロンドプロは絶対にパスした方が良いです。

っということで1つ1つ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味のチェック!っということで白の毛束を見ていきましょう。

上記でも述べたように、誰がどう見てもブラウンではありませぬ・・・(汗)色味的にはやや青みを感じる”アッシュグレー”っという感じの色味ですね。

先日検証した、花王のリライズグレーアレンジという商品の色味にヒッジョーによく似ている色味です↓
【検証】まだ買うな!白髪用サーバー「リライズ(グレー)」7日後の色持ち&染まりを徹底レビュー!

まあ、これはこれで青みがかった綺麗な色味ではあるのですが、ダークブラウンを期待して購入したら絶対にガッカリするパターンです。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪の毛束の染まり具合ですが、やはりコチラも染まりは非常に悪いですね。

一応、よーく見れば毛束根本付近の染料がついていない部分と染料がついている部分の境目は確認できはします。

ただ、染料がついていた部分も白髪部分は”浮きまくり”ですし、全然白髪をカバーしきれていない感じ。

そもそも、グレー系のカラーって白髪に色味が近いので白髪を染めたり、ぼかしたりするのに適してません(汗)

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて黄色みが強いハイダメージはブリーチ毛です。

こちらの毛束はダメージを強く受けている分、染料がしっかり内部まで浸透している感じではあるのですが・・・

なんか緑っぽい!!です。どう見ても。

髪の毛本来の黄色味と染料に配合されている、青の染料が混じってこのような緑っぽさがでてしまっているんですね。

白髪と一言で言っても、黄色っぽい白髪の人もかなりいます。そのような人白髪が黄色っぽい人も同じように緑っぽく出ててしまう可能性があります。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後の染まり具合の次に大事なのがなんと言っても「色落ち具合」です。

いくら染毛直後にしっかりガッツリ染まっていても、染料が数日で落ちるようじゃあ、お金も手間もムダにかかりまくります。

っということでサロンドプロダークブラウンの7日後の毛束達がこちら↓

完全に色が抜けているッ!ってわけではないんですが、かなり染料が落ちているな~という印象ですね。色持ち的には「かなり悪いッ」と言った感じ。

あなたにも染料が落ちているのを確認してもらいたいので、今一度染毛直後の画像を見てくださいね↓

染毛直後もダークブラウンにしては明らかにうっすーーーい染まり具合ですが、7日経過後よりはまだしっかり染料が入っているのが分かります。

まあ、使い物にならないほど悪い!ってほどじゃないですが、80種類以上検証したきた中では”かなり悪い”ですね。

また細かく毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

まずは色味の変化をチェーーック!染毛直後は”アッシュグレー”という感じの色味に染まっていたのに対して、7日経過後の毛束は退色しまくって”アッシュ”になっていますね。

むぅ・・・私個人的には好きな色味ではあります。が!これ誰がどう見てもダークブラウンじゃないでしょ(汗)

パッケージにサロンドプロ”アッシュグレー”っと書いてあってこの色に染まるなら分かります。

ただ、ダークブラウンって書いてあってこの色味はちょっとガッカリっというか、怒りすら感じるかもしれません。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いて白髪の毛束の7日後の画像をチェック!コチラに関しても誰がみても2秒で退色しているのが分かりますね。

染毛直後は一応、染まっている部分に関しては”ダークグレー”程度に染まってはいました。

が!7日経過後の毛束に目を向けると、かろうじて染まっていた部分の染料もほぼ落ちてしまって、”白髪丸出し”状態になってます・・・

うーん、いくら退色が早いカラートリートメントっと言っても「色持ち悪すぎぃぃ!」っとツッコミたくなりますね。。。

白髪の染まりやすさによっても変わりますが、サロンドプロでしっかり白髪染めをキープしたいなら、3~5日に一回は再染毛が必要になるかと思います。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いて黄色みの強い毛束。染毛直後から緑ぽさが出ちゃって”ミントグレー”のような色味でした。

7日経過しても染料が薄くなったのもあって”抹茶色”のようなかすれた緑になっていますね。

あなたがマット系(緑系)に染めたい!っというならアリですが、緑系は避けたいと言うならば避けておいた方が良さそうです。

【結論】色持ち良し!色味よし!ただし・・・

サロンドプロ!っというサロンクオリティに染めてくれそうな雰囲気のネーミングながら、実際に染めてみるとダークブラウンとは程遠い色に染まっちゃいました・・・

色味的には綺麗な”アッシュグレー”的な色には染まるんですが、深みのあるブラウンをイメージしてこの商品を購入した人はガッカリするんじゃないかと思います。

当記事を読んで頂き予め「この商品はダークグレーっぽく染まるんだ!」っと分かって狙って使うならありですが、ノーマルなダークブラウンを狙うなら絶対無しですね。

色持ちに関しても私が検証したカラートリートメント80種類以上の中でも悪い方ですし、あえてこのカラートリートメントを選ぶ理由が私には感じられませんでした。

価格が安価なのが唯一のメリットとも言えますが、同じような価格帯でも、もっともっとダークブラウンっぽく染まるものはありますので。

もし、あなたがサロンドプロダークブラウンを検討しているなら、ぜひぜひ参考にしてくださいませ!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。