【元美容師が評価】スカルプDトリートメント(ダークブラウン)7日後の色持ちは?

元美容師Mです。

白髪カラートリートメントで最も人気のある色が”明るすぎず、暗すぎず”でもしっかり白髪をカバーしてくれる「ダークブラウン」です。

今回は育毛系商品で誰もが知っている、スカルプDのカラートリートメントのダークブラウンの染まり具合、7日経過後の色持ち具合をチェクしていきます!

最初に言ってしまうと、スカルプDカラートリートメントシリーズで、ぶっちぎりで優れたカラーだと記事の冒頭で言っちゃいます 笑

なぜぶっちぎりで優れたカラーだと言えるのか?実際に染めた毛束を見て解説してきます!
スカルプDカラートリートメント現在の価格、詳細はコチラ!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

カラートリートメントの本来の色味を白の毛束チェックし、実際の染まり具合を白髪の毛束でチェックしていきます。

黄色の毛束では、黄色っぽい白髪の人に染めた場合の染まり具合をチェック。

で、7日経過後の色落ち具合に関しては、ただただ7日間放置するってだけじゃなく、実際の色落ち具合に近づけるために7回連続でシャンプー⇛ドライを繰り返し、7日後の色持ちを再現していきます。

カラーの色落ちの原因はシャンプーが殆どを占めるので、かなり参考になるはず!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でスカルプDカラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

素晴らすぃい・・・。流石スカルプDを販売している会社とも言うべきか、本当にダークブラウンらしいダークブラウンで美しい染まり具合です。

色味に関しても、他メーカーさんではダークブラウンと言う割には、赤みが強かったり青みが強い物も多いですが、コレは違う。

これぞっ!ダークブラウンだ!って叫びたくなるほどダークブラウンです 笑

染まりに関しては、やや暗めではありますがしっかり白髪をカバー出来ていますし、この染まり具合で文句を言う人はそうそういないかと。

公式サイトで公表している染毛後の例にかなり近い染まり具合で、イメージ違いも起こる可能性も少ないと思います↓

ということで1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な”色味”をチェックするために、白の毛束です。

本当にダークブラウンらしい、ダークブラウンで綺麗な色味に染まり上がりました。

「ダークブラウンって名前なんだから当たり前じゃんっ!」と思われそうですが、これってかなり素晴らしいんですよ。

実はダークブラウンと言ってもメーカーによって色味って全ッッ前違い、ダークブラウンという名称なのに「これレッドブラウン?」って言うほど赤みが強いものやアッシュグレーっぽいものが多いんです。

ただスカルプDのダークブラウンは、ダークブラウンというネーミング通りに綺麗に染め上げてくれます。もうこの時点で素晴らしい!

染まり具合チェック(グレイの毛束)

実際の白髪に染めたものに一番近いのがコチラ。色味に関してもかなり自然なダークブラウンですし、白髪部分に関してもしっかりカバー出来ています。

これだけ、染まってくれて文句を言う人はいないだろう!ってくらい染まってくれています 笑

強いて言うのであれば、30分放置したのもあってか、やや他のメーカーのダークブラウンよりも”暗さ”は感じます。

もし、あなたが「白髪は染めたいけれど、出来る限り明るく染めたい」というような要望があるなら、放置時間を少し調整する、もしくはもう一段階明るい色味のカラートリートメントを選ぶなどした方がより満足度は高いかと思われます。

私自身、1000回以上は白髪をしてきていますが「これだけ染まるなら、美容室いらないんじゃないか?」と心の中で呟いてしまうほど綺麗な染まり具合。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

黄色みが強い毛束に関しても、綺麗に染まっております。黄色みは抑えられていますし、黄色みを抑えたい!という人が使ってみるのもアリかと思います。

強いて言うのであれば、上記でも述べたようにやや暗めかなぁ?というくらいです。

7日後の色味や色持ちをチェック!

いくら染毛直後がすんばらしく、綺麗に染まっても数日で色が落ちてしまってはお金と時間がかかりまくります。

ということで当ブログでは7日経過後の色落ち具合をチェックするために、7回連続で”シャンプー”していき、よりリアルな7日後の色持ち具合を検証していきます!

毛束を染めて、ただ放置しているだけじゃあ、色味は殆ど変わりませんからね・・・

そしてコチラが7日経過後の毛束群です↓

7日も経過しているので、当然染毛直後よりは色落ちしていますが、かなり色持ち良いぞっ!と興奮してしまいました 笑

自宅で自分で何時でも出来るカラートリートメントで、これだけ染まるならもう合格っ!と言っても間違いないでしょう。

染毛直後の画像と比較してみてください↓

比較すると、もちろん7日も経過しているおで色落ちはしていますが、まだ染料がしっかり毛髪内に残っているので白髪もカバー出来ております。

また1つずつ毛束をチェック、チェック!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
染毛直後と比較しちゃうと、染料が落ちてダークブラウン⇛ブラウンという感じに変化していますが、まだまだ許容範囲。

染まりが悪いカラートリートメントですと、白髪浮きしちゃうものなんですが、7日経過しても白髪っぽさはでていません。

公式サイトでは「7日~10日に一回の頻度で使用すれば、綺麗に保てます。」と書かれていますが、このダークブラウンに関しては嘘偽りは無いかと。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
「えッ?本当に7日経過後なの?!」とツッコミを入れられそうなのですが、本当に7日経過後の毛束です(汗)

流石に染料が落ちて、若干色味は薄くはなっているものの、まだまだ余裕で白髪はカバー出来ています。

正確に言うと10秒くらい目を凝らして見ると、数本白髪浮きしているものもあるにはあるんですが、7日経過してこのレベルなら文句なしです。

ってかカラートリートメントでこれだけ染まっちゃって、本当に美容室は大丈夫なのだろうか・・・心配になるレベル。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて黄色の毛束。こちらは染料が入りやすい為か、かなり暗く染まったのもあって逆に7日経過すると色落ちが顕著に見られました。

と言っても完全に色落ちしたぁ!ってわけじゃなく色味が薄っすらなった程度なので、黄色みを抑えたい人が使う分には問題ないかと。

【結論】スカルプDだったらぶっちぎりでコレ!

スカルプDのカラートリートメントの中ではぶっちぎりで、綺麗なブラウンで色持ちも良いっ!というのが私の意見です。

色味に関しては個々で好みがあるので、私の考えを押し付けるつもりはありませんが、他メーカーさんは『ダークブラウン』というネーミングながら赤っぽさが強すぎたりするものが多いんです。

でもこのスカルプDのダークブラウンは本当にダークブラウンらしい色味で、尚且色持ちもかなり良好です。

もし、あなたが変に赤みが強すぎたりしない自然なブラウンで、白髪をしっかりカバーしたいなら一度このカラートリートメントを使ってみるのはアリです。

注意点としては、他メーカーさんの物よりもやや暗めかなぁという点ですかね・・・

ただ、暗めでしたら放置時間を短くするなどして、ある程度は調整できますし”弱点”というほどではないかと。

スカルプDのダークブラウンを検討中なら、ぜひ当記事を参考にしてみてくださいね!
スカルプDカラートリートメント現在の価格、詳細はコチラ!

スカルプDその他の色味はコチラ↓
検証】スカルプDカラートリートメント(ローズブラウン)の7日後の色持ちや染まり具合をレビュー!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。