【元美容師が口コミ】スカルプDトリートメント(マロンブラウン)7日後の色持ちは?

元美容師Mです。

今回も前回の記事同様『スカルプDカラートリートメント』シリーズの”マロンブラウン”を全力で染まり具合、7日後の色持ち具合をチェックしていこうと思います。

マロンブラウンというネーミングからして「黄色系のブラウンなのかなぁ?」と勝手に妄想していましたが、染めてみてビックリ。

どっちかと言うと赤系のブラウンで、”他メーカーさんのライトブラウン”に相当する、ラインナップということがわかりました。

もし、あなたが「マロンブラウンってどんな色よ?!」と気になっていらっしゃるなら、是非当記事を参考にしてくださいませ!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束では純粋なカラートリートメントの”色味”を見ていき、中央の白髪の毛束ではよりリアルな”染まり具合”をチェック。

そして、一番右の毛束では”黄色っぽい白髪”に染めた時の染まり具合をチェックしていきます。

更にそれぞれの7日後の色持ち具合をチェックする為に、7回連続でシャンプーする事で、7日語の色持ちをよりリアルにチェックしていきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でスカルプDカラートリートメント(マロンブラウン)で染めた結果がコチラ↓

あくまでも、私の意見ですがマロンブラウンというので「もう少し黄色っぽいブラウンかな~?」と思ったのですが思ったよりも赤が強めにでました。

公式サイトの染まり具合をチェックする感じだと↓
引用:スカルプDカラートリートメント公式

もっと赤みを抑えられているのですが、実際に染めてみるとほんのり赤みを感じるブラウンと言う感じ。

と言っても、変に嫌らしく「オラオラぁ赤に染めたぞッ!」ってほど赤みは強くなく、自然な赤茶ですね。

1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

カラートリートメントの純粋な色味をチェック出来るのが、この白の毛束です。

ほんのり赤みを感じる?ってくらい自然な赤茶で、「カラートリートメントに挑戦したいけど、個性が強すぎるのはイヤッ!」という人にもってこいな色味。

ただ、公式サイトに載っている画像を見ると、もう少し赤みが抑えられているブラウンに見えますが、実際はもう少し赤みを感じるのでその点は注意。

良い意味でも悪い意味でも、自然なブラウンで他メーカーさんで言うと、ライトブラウンに位置する色味かなぁと。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

より自然な白髪の染まり具合がチェック出来るのがコチラの白髪の毛束。

染まってはいる。染まってはいるのですが、やや白髪部分は白髪浮きしているかなぁと言う印象です。

毛束全体を見ると根本の染まってない部分と比較すると染まってはいるんですが、所々白髪が染まりきらずに光っている毛がチラホラ見かけられます。

マロンブラウン自体「暗く染めたくない」という人向けの商品なので、染料が比較的薄めなのかと思われます。

うーん。しっかり染めたい!という人には向いていないカラーかなと言うのが、1000人以上白髪染めしてきた私の本音です。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

黄色っぽ白髪の人が参考にしてほしいのがこの毛束。スカルプDの薬液は凄く緩いので、液がタレて根元の方も若干染まってしまった・・・

で、色味の方ですが全体的に赤みが強くでている感じですね。

恐らくカラートリートメント内に配合されている、青の染料が黄色によって打ち消され、他の毛束よりも赤が強くでて来ているのかと思われます。

色相環的に見ても、黄色の色味は青の反対色なので打ち消す効果があります。

なので残った赤の染料がより強く色味に反映されているという感じですね。

もし、あなたの白髪が黄色っぽい白髪であるなら思ったよりも赤みが強めに出る可能性があるのはちょっと注意。

7日後の色味や色持ちをチェック!

カラートリートメントで重要なのは染めた直後の染まり具合!ともう一つが色持ち具合です。

いくら染めた直後は綺麗に染まっても、たった2,3日で色が落ちてしまってはお金も時間もそれだけ浪費します。

冒頭でも述べたように当ブログではただただ、毛束を7日放置するだけじゃありません。

より現実の色落ち具合に近づけるために”シャンプーを7回連続”することにより、実際の7日後の色落ちを再現していっています。

なんだかんだカラーの最も色落ちする原因ってシャンプーですからね・・・

ということで7日経過後がコチラ↓

7日も経つとどうしても色落ちは避けられません。ただ、マロンブラウンという明るめなカラーのせいもあってか、7日も経つと「もう持たない」と感じたのが私の感想です。

今一度、染毛直後と見比べてみてくださいね↓

特に白の毛束とか顕著ですが、染料が落ちてしまって赤茶⇛オレンジブラウンという色味に変化しちゃっています。

っというよりももはや色が落ちすぎて、白い部分が白浮きしちゃっていますね・・・

また7日後の毛束を1つずつチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは色味ですが、上記でも述べたように自然な赤茶だったのが、染料が落ちてオレンジっぽいブラウンに変化しています。

マロンブラウンという明るいカラーなので、仕方ない部分もありますが染毛直後の色味をキープするには4~5日くらいに一度は染める必要があるかなぁと思います。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて、白髪の毛束です。毛束全体を見るとそれほど色落ち指定無さそうに見えるのですが・・・

白髪部分に関してはよーーく見ると、染料が落ちてモロに白髪が浮き出てしまっている部分がチラホラでてしまっています。

白髪の量が多めで「白髪をガッツリ、しっかり隠したい!」という人であれば、1週間は持たない感じですね。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓

7日経過後の画像↓黄色の毛束ですが、かなり濃いレッドブラウンっぽいのが染料が落ちて赤茶っぽく変化しています。

赤の染料は分子が他の色味よりも細かいので”染まりやすく、色落ちしやすい”という特徴があります。

なので、赤が強く感じられた黄色の毛束が最も色落ちしている!っと感じられるのかと思われます。

色落ち感はかなり感じられますが、白髪の黄色っぽさを抑えたい!という場合は7日経過してもアリかと。

【結論】マロンブラウンを使うべき人、止めるべき人とは?

「マロンブラウンってどんな色なんだ?!」っと気になりまくりでしたが、単純に他メーカーさんでいう”ライトブラウン”って感じですね。

色味的には老若男女、みんなに受け入れられるであろう無難な赤茶なので、色味でうわ失敗した!となることはほぼ無いです 笑

ただ、公式サイトで載っているものよりはやや赤みがあるのは注意。

そして、どんな人がスカルプDのマロンブラウンを使うべきか・・・ですが

明るめのカラーに設定されているので「何としても白髪を隠したい!」とい人には全くもって向いてないと思います。

逆に「白髪の数はそれほど多くない」「頻繁に染めるのは苦じゃない」という人は使ってみるのもアリですね。

もし、あなたがスカルプDマロンブラウンを検討しているなら、ぜひぜひ参考にしてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。