【元美容師が評価】スカルプDトリートメント(ローズブラウン)7日後の色持ちは?

元美容師Mです。

育毛系シャンプーなどで一斉を風靡したスカルプDシリーズのカラートリートメント。

『スカルプDボーテカラートリートメント』のローズブラウンの7日後の色持ちや色味を徹底検証していきます!

スカルプDと言えば、育毛系アイテムのイメージがありますが、今回のカラートリートメントは特徴的とも言える育毛効果などは、全くない模様。

そして、今回のローズブラウンですが、、、公式で公表している毛束よりもかなり赤みが強くでた!と感じたのが私の印象です。

ということで実際の毛束を一緒に見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつものように白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束では、”色味”をチェックしていき、白髪の毛束で実際の白髪に染めた時の染まり具合をチェック。

黄色の毛束では、黄色っぽい白髪の人向けにどのように染まるのか?をチェックしていくってわけです。

そして、7日後の色持ち具合に関してはただ7日間毛束を放置するだけでは、本当の色持ちは再現出来ません。

なので、カラーの色落ちの原因と言われる、”シャンプー”を7回連続でしていき、よりリアルな7日後の色持ち具合を再現していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でスカルプDカラートリートメント(ローズブラウン)で染めた結果がコチラ↓

パット見た感じ染まり具合はかなりいい具合です。ただ、公式サイトで紹介されている毛束と比較すると↓

引用:スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント公式サイトはコチラ
実際の毛束に染めた方が「かなり赤みが強いっ!」と感じました。

元々、ローズブラウンというネーミングの商品なので、赤系が好みの人が選ぶと思われるのですが、公式のイメージで使用すると結構赤みの強さに驚くかも・・・

1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずはカラートリートメントの純粋な色味をチェックするために、白の毛束をチェック。

上記でも書いたとおり、結構赤みが強いです(汗)

公式サイトでは、「自然な赤系の茶色へ。」と記載されていますが、ローズブラウンというよりもレッドブラウンというイメージの色味です。

もし、あなたがローズブラウンが気になっているなら、赤系が好みだとは思われますが「公式の毛束よりも結構赤みは強め!」ということをお伝えさせて頂きます。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

次に実際の白髪に染めたイメージに最も近いのがコチラ。上記の白の毛束と違って、黒の毛と白の毛が混じりあっているので、白の毛束よりもより自然な仕上がりになっています。

っといっても、やはり赤っぽさは結構強めにでているので、ローズブラウンというよりも、レッドブラウンという感じの色味かなぁと感じるのが私の本音です。

色味の方向性は間違っていないですが、赤系は好きだけどそこまで赤くなくて良い!という人は「思ったよりも赤いわぁ~」と感じる可能性が高いかと思います。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて、黄色っぽさを抑えたい人向けの黄色の毛束ですが、バイオレットに近い”ダークレッド”みたいな色味に染まり上がりました 笑

色味的にはかなり綺麗な色味ではあるものの、ブラウンっぽさは殆どなく”赤”!!って感じの色味なので、好みは分かれそうです。

7日後の色味や色持ちをチェック!

そして、染毛直後と同じくらい重要項目が「どのくらい色が持つのか?!」という点です。

いくら染めた直後は綺麗に染まっていようと、すぐに色落ちしてしまえば、手間もコストもかかりまくりますので、色持ちは超重要項目と言っても過言じゃないでしょう。

当ブログでは、ただ毛束を放置するだけじゃなく、より実際の色落ち具合を再現する為に、7回連続でシャンプーすることで7日後の色持ち具合を再現していきます!

7日後の全体の画像がコチラ↓

全体的に赤みが落ちて、レッドブラウン⇛ピンクブラウンっぽいイメージの色味に変化しています。

また”染毛直後”の毛束画像と見比べてみてください↓

誰がどう見ても、色味は薄くなっている!と感じて頂けるはず。特に黄色の毛束なんかはダークレッドから、ローズブラウンっぽく変化していますね。

では、また1つずつ毛束を細かくチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

かなり濃く赤に染まっていたのが、シャンプーによって染料が落ちピンクレッドっぽくなっていますね。

色味的にはコチラの方がローズブラウンっぽいイメージの色味ではありますが、流石に7日も経つとやや白っぽさもでてしまっています。

この点を考慮すると白髪が多い人がしっかり色味をキープするには、少なくとも4~5日間に一度染め直す必要がありますね。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓

7日経過後の画像↓

最も実際の白髪に近いのがコチラですが、上記の白の毛束と比較すると思ったよりも色持ちが良いぞ!っと感じました。

白の毛束に関しては明らかに色味が薄くなっています。

が、白髪の毛束に関してももちろん染料が落ちて、白髪は浮いてきているものの染まってはいます 笑

ただし!やはりカラートリートメントの宿命か、7日も経過すると白髪部分が浮いている部分はチラホラでてきています。

しっかり白髪をカバーするためには4~5日に一回くらいの再染毛は必要かと思われます。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
「あれ?載せる毛束間違えたか?!」と勘違いするほど色味の変化が著しいのがコチラ。

染毛直後のダークレッドっぽい色味から、染料が落ちてローズレッドっぽい色味に変化しているって感じ。

黄色みの強い白髪の人で色の変化を楽しめる人なら、アリ!ですが「しっかり染めていたい」という人でしたら、3~4日に1度は再染毛が必要かと。

ただ、白髪の黄色っぽさは7日経過後でもしっかり抑えられているので、あなたが白髪を隠したいというよりも「黄色みを抑えたい」という場合なら、1週間に一度とかでもOKかと思います。

【結論】色持ちはまあまあ。止めておくべき人とは?

流石、スカルプDを開発した技術力があるためか、染まり具合、色持ち具合は悪くないです。

ただ、他メーカーさんと比較してめちゃくちゃ優れている!ってわけでも無いので良い意味でも悪い意味でも、平凡という感じでした。

ただし!一点注意してほしいのが、ローズブラウンというネーミングの割には私が実験した限り、かなり赤みが強くでる!という点には注意して頂きたいです。

商品のネーミング的にも”ローズ”という名称が付いているので「赤系の色味何だな」と言うことは分かると思いますが、思ったよりも赤い!と感じる可能性があります。

もし、あなたが「ちょっと赤っぽい方が良いけれど、赤すぎるのはちょっとねぇ・・・」という場合は、このカラートリートメントじゃない物を選んだほうが良いかと。

是非参考にしていただければ幸いです!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。