【元美容師が解説】白髪染めトリートメントは染まらない?5つのコツを全力でお伝えします!

元美容師Mです。

最近は「手軽に自宅でも白髪が染められる!」っと人気の白髪カラートリートメントなのですが、今回お伝えする5つのポイントを抑えないと全然染まらない可能性があります。

私自身元美容師という立場なので「トリートメント何かで染まらないだろう~ 笑」っとちょっとバカにしていた部分が少なからずあるのですが、今回お伝えるポイントを抑えればか・な・り染まりやすくなります。

今まで80種類以上のカラートリートメントで検証してきたので間違いないです。

っということで、元カラーリストでもある私が5つのポイントを解説していきますね!

白髪カラートリートメントでしっかり染める5つのコツ

1,【重要】商品選び(染まらない商品はぜんっぜん染まりません。)

私が考える白髪カラートリートメントで超重要とも言えるポイントが商品選びです。

もうね。この商品選びで失敗してしまったら、この後に解説する方法をいくら頑張ってもぜんっっぜん染まりません(汗)

当ブログでは「どの白髪トリートメントが一番染まるのか?!」を検証するために、下記のように3タイプの毛束を使って染毛実験をしています。

当記事を書いている時点で、75種類以上のカラートリートメントを検証して来たのですが、最もしっかり染まったのが以下の”ダークブラウン”のカラートリートメントです。(あくまでも現時点で)

論より証拠。ということで以下の画像を見ていただきたいです↓【検証】7日後の色落ちは?マイナチュレトリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底レビュー!

上記の画像はマイナチュレの”ダークブラウン”というカラートリートメントで染めた毛束ですが、どの毛束を見てもしっかりダークブラウンに染め上げられているのがお分かりいただけるかと。

この染まり具合で「染まってない!」っと文句言う人はほぼいないと思います。

続いて私が検証した中でも、現時点でワーストレベルに染まらなかったのがコチラ↓⇛【レビュー】7日後の色落ちは?プリオールトリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底検証!

上記のマイナチュレと比較するとダークブラウンというよりも”グレーアッシュ”に染まった?程度しか染まっていません・・・
(もちろん、どちらも同じ放置時間、薬剤量で同じ条件で実験しています)

特定の商品を下げるような事はなるべく書きたくないのですが、、、あまりにも染まりが悪かったのであえて書かせて頂きました。

だってこれ「よ~し!白髪を染めて綺麗になるぞ~」って期待して購入してコレっぽっちしか染まらなかったら、誰だってガッカリするでしょう・・・

「どっちがしっかり染まっているか?」っと訪ねたら、99,99%の人が前者の方を選ぶかと思います。

このように同じカラートリートメントで”ダークブラウン”という名称でも、商品によってまっったく”色味”や”染まりやすさ”色持ち”は全然違うんです。

もし、あなたが白髪カラートリートメントに挑戦する場合は「どの商品も対して変わらないだろ~」っと安易に考えずに商品選びにもっともこだわってくださいね。

染まらない商品を選んでしまったら、何をどう頑張っても染まりませんので(汗)

2,放置時間を伸ばす(30分程度)

もし、あなたが「白髪カラートリートメントでなっかなか染まらないなぁ」と言う場合は、乾燥状態で30分程度放置してみてください。

カラートリートメントは通常の白髪染めと違って、髪や頭皮にかなり刺激の強い”アルカリ剤””ジアミン染料””過酸化水素”が配合されていないので、薬剤を塗布してどれだけ時間を置いても髪が痛む事はありません。

白髪トリートメントの使用方法を見ると殆どの商品が「5分~15分程度」で放置っという感じで解説されています。

が!白髪って染まりやすさにかなり、かなりかなりッッ!!個人差があります。

白髪が細毛で柔らか~い人なら、パッケージに書いてある通り5分~10分で染まる人もいますが、そんな人は極少数。

殆どの人はたった5分~15分程度じゃあ、ほんのり色づくくらいしか染まりません(汗)

まあそりゃそうですよね。プロが使用するような通常のアルカリ剤を配合している白髪染めでさえ、最低でも15分程度は放置時間置きます。

にもかかわらず、アルカリ剤を配合していない優しい、優しいカラートリートメントがたったの5分~15分でしっかり染まるわけありません。
【元美容師が解説】白髪染めとカラートリートメントの5つの違いと選び方とは?

もし、あなたが白髪カラートリートメントでしっかりガッツリ染めたい!というのであれば、髪が乾燥状態で30分程度放置してください。

「うわ~・・・毎回30分置くのは面倒くさいなぁ」っと思った方は、色が全く入っていない、せめて最初だけでも乾燥状態30分放置してくださいね。

1度目は白髪部分に全く染料が入っていないので、長時間置く必要があります。

が!何度も染毛を重ねていけば段々と色が浸透して、放置時間を短くしても大丈夫になってきますので。(もちろん、これも個人個人の染まり具合で変わってきますが)

3,3,4回連続で使用する

カラートリートメントは一発でしっかり染める!という商品ではなく、どちらかと言うと2回、3回と染毛を繰り返してジワジワ白髪を染めていく商品です。

一回でも「こんなに染まるのかッ!」っと元カラーリストの私がビビるほど染まる商品もありますが、やはり白髪の染まりやすさには個人差があります。

あなたが、乾燥状態で30分放置しても染まらない!っという場合は2,3日連続でジワリっと染めていくようにしましょう。

最低でも1週間程度は使い続けて様子をみるべきです。

4,塗布量をケチらない

なるべく長持ちさせたい!っという気持ちは痛いほど分かります。美容室に行くよりは安いとは言っても、一本辺り3000円くらいするものもありますからね・・・

ただし!ぜっったいにカラートリートメントの塗布量をケチって少なめに、塗布するのは止めてください。

マジのガチでぜ~んぜん、染まらなくなります。(汗)

美容室でも白髪染めをする時って、毛髪全体を包み込むように普通のカラーよりも多めに薬剤を塗布しています。

っというのも、白髪の毛は普通の毛よりも髪の表面”キューティクル”の枚数が多いので、薬剤が少ないと弾きまくります・・・

余談ですが、私も駆け出しの頃は薬剤を少なめに塗布して「白髪が染まってない!」っと先輩に叱られた事もあります。。。
(美容室では薬剤を使いすぎても怒られるし、染まって無くても怒られるというジレンマがあるんですよね。)

通常のアルカリを使ったカラーでも塗布量が少ないと染まらない事があるくらいなので、絶対にカラートリートメントの塗布量はケチってはなりませぬ!

5,洗浄力が優しいシャンプーを使うべき!

直接カラートリートメントの染毛に関わると言うわけではないですが、超重要なのがコレ。

シャンプーの洗浄力が強いとカラーの持ちが強烈に悪くなります。

本来7週間くらい持つようなカラートリートメントでも、洗浄力が強いシャンプーでガシガシ洗うと4,5日で色落ちしてしまうって事もあります。

シャンプーの洗浄力の話をすると、この記事がそれだけで埋まってしまうので割愛しますが、市販で多く配合されている「ラウレス硫酸Na」等は避けて、アミノ酸系のマイルドな洗浄成分が使われているシャンプーを選びましょう!

シャンプーの洗浄成分の違いについてはコチラで私が全力で解説しているので、ぜひ覗いてみてくださいね↓
【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

そして!あなたが「結局、どんなシャンプーを選べば良いのか?!」迷いに迷っているなら、以下記事も参考にして頂ければ幸いです↓
【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

【注意】どうしても、カラートリートメントじゃ染まらない人もいます。

ここまで解説した方法を実践しても「それでも、染まらない!」っという人も中にはいるかと思います。

白髪はほんっっとうに人によって染まりやすさが全然違うんですよ。何か言い訳みたいに聞こえるかもしれませんが、私自身少なくとも1000人以上は白髪染めを施術してきたので間違いないです。

染まりやすい人はカラートリートメントでも、メーカーの放置時間通りに染毛して、しっかり染まっちゃうって人もいます。

逆に全然染まらない人はアルカリが配合されたプロ用の白髪染めを使っても、中々色が入っていかない!もいるのが事実。

「どうしてもカラートリートメントじゃあ染まらん!」って方は通常の白髪染めやヘナカラーなどで染毛してください。

頭皮に薬剤が付くのがイヤッ!って人は美容室に限りますが

「頭皮が弱いのでなるべくカラー剤が付かないようにしてください」

っとオーダーすれば、ギリギリ頭皮に付かないように施術してくれるお店もありますし、ヘアマニキュアなど刺激0のものもあります。

ただ、染まらない一番の原因は”染まらないカラートリートメントを使ってしまっている”という点なので、染まりやすいカラートリートメントを一度は試してみてください↓
⇛私が70種類以上検証した中で染まりやすかったカラートリートメントはコチラ!

同じ”ブラウン”という色味でも、メーカーによって本当にぜんっっぜん染まり易さや色持ちが違うので。

もし、あなたが白髪カラートリートメントで染まらない!っという場合はぜひ参考にしてみてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2019】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。