【元美容師が口コミ】玉髪カラートリートメント(ダークブラウン)7日後の色持ちは?

元美容師Mです。

健康食品の会社さんが販売している『玉髪(ダークブラウン)』の染まり具合や7日後の色持ち具合を徹底検証していきます。

結論から言ってしまうと、、、「このカラートリートメントはかなり人を選ぶッ!」というのがカラーリストとして1000回以上は白髪染めしてきた私の意見です。

なぜ人を選ぶのか?しっかり染まるのか?実際の毛束を使って検証してみましたので、一緒にチェックしていきましょう!
【満足度96%】返金保証付玉髪の現在の価格や詳細はコチラ!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

左の白の毛束では純粋にカラートリートメントの”色味”をチェックし、真ん中の白髪の毛束でより実際に近い染まり具合をチェックするというわけです。

黄色の毛束に関しては「黄色みを抑えたい」という人向けに用意しています。

そして、染まり具合だけで無くシャンプーを7回連続ですることで、7日後の色落ち具合も再現していきます。カラーの色落ちの原因はシャンプーがかなりの割合を占めるので、参考になるはず!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

玉髪の公式ページでも「5分~15分放置します」と書かれています。

ただし!一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

玉髪はブラックとダークブラウンの2色展開ですが、今回は明るい色味のダークブラウンです。

引用:玉髪公式ページより

という事で玉髪(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

正直言って、ダークブラウンと言う割にはしっかり染まっているという感じはしません。

他メーカーさんで言うとブラウンくらいの染まり具合かなぁと言うのが実際に染めてみた私の感想ですね。

色味に関しては好みは分かれそうですが”やや青みっぽさを感じるアッシュグレー”という感じの色味。私は個人的にこの色味は大好きな色味です 笑

ということで、毛束を1つずつチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは色味チェック!上記でも挙げたように他メーカーで感じるような赤みなどは一切感じません。

好みは分かれそうですが、全く赤みを感じない”アッシュグレー”という色味ですね。

以前当ブログで検証した資生堂さんから販売している「プリオール」というカラートリートメントに近い色味だと感じました。
【レビュー】7日後の色落ちは?プリオールトリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底検証!

個人的には好きな色ではありますが、ダークブラウンという色味のイメージとはかけ離れているような・・・

染まり具合チェック(グレイの毛束)

色味がアッシュグレーなので白髪の毛束は分かりづらいですが、染まってはいます。

ただ、色味的に染料の入りにくい青系が多いためか、「やや白髪がボカしきれていないかなぁ・・・」と感じたのが、率直な意見です。

カラーの染料は赤系の染料が最も分子が小さく、色が入りやすい反面青系の染料は分子が大きく染まりづらいので仕方ない面もありますが・・・

少なくとも、公式にあるようにシャンプー後に5分~15分で放置するだけじゃあ、しっかり染めるのは難しいかなと。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

黄色みに関しては見事!と拍手を送りたくなるほど綺麗に染まっています。

「白髪が数本で黄色みを抑えたい」という人が使ってみるのはアリかもしれません。

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて、7日後の色持ちをチェック!いくら染毛直後の染まりが良くても、たった数日で色落ちしていたら無駄にコストと手間がかかりまくりんぐです。

当ブログでは毛束をただ7日放置するってだけじゃなく、最もカラーの色落ちの原因”シャンプー”を7回連続で繰り返し7日後の色持ち具合を再現していきます。

ということで、玉髪の7日経過後の毛束がコチラァ!↓染毛直後もガッチリ染まっている!って感じではなかったので、すぐに色落ちしそうだなぁ・・・と勝手に予想していましたが、”思ったよりは”色持ちが良いです。

染毛直後はこのような感じ↓

思ったよりは持ちは良いけれど、やはり7日経過後の方が全体的に色味が薄くなり、白っぽさを感じてしまいます。

アッシュグレー系の色味の割には持つけど、カラートリートメントの持ちとしては普通。っというのが私が検証してみて感じた感想ですね。

また毛束を1つずつチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

もう誰が見ても「色が薄くなっている!」と感じるかと(汗)

7日経過しているので、このくらいの色落ちは仕方ないのですが、色味的に白髪をボカしづらい色味なので、日にちが経つと白っぽさを感じてしまいます。

色味的には綺麗ですが、色持ちはそこまで良くないかなぁと、というかダークブラウンという色をイメージすると「なんか思った色違う・・・」と感じるかと。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

白髪の毛束ですが、7日も経過すると白髪部分がハッキリ分かる毛も数本チラホラでてきています。

完全に色が落ちとるっ!ってわけではありませんが、白髪が多い人や白髪が染まりにくい人に関しては間違いなく2,3回染めた方が良いです。

そして色味をキープする為に最低でも3~4日くらいに1度は再染毛が必要かなぁと感じました。

まあ、アッシュグレーという色味の特性上、染まりにくいのは仕方ないですが、あなたが「頻繁に染めるのは面倒くさい」というのであれば、玉髪意外をチョイスした方が幸せになれるかもです。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓

7日経過後画像↓

黄色系の毛束については7日経過しても嫌らしい黄色っぽさは抑えられています。

若干、青みが落ちて自然なブラウンに近い色味になっていますね。

白髪の黄色みを抑えたい!という人が使ってみるのはアリ!かと思います。

【結論】玉髪を使うべき人と止めるべき人とは?

正直に言ってしまうと他メーカーさんと比べると「しっかり染まっている!」という感じはしませんでした。

色味的に染まりづらい”アッシュグレー”系の色味なので赤系に比べると色が入りにくいんですよね・・・

ただ、いづれにしても言えることは”ダークブラウン”という色味をイメージして使うと「あれ?思った色と違う」と感じるかなと。

私が検証した感じだとダークブラウンというよりも、アッシュ系のブラウンなのでダークブラウンをイメージして使うとイメージ違いが起こり得るかなと思います。

もし、あなたが「赤っぽさが出るのは絶対イヤ!」とか「白髪の黄色っぽさを抑えたい」というなら選択肢に入れても良いかと思います。

逆に「しっかり染めたい」「ダークブラウン系の色味で染めたい」という場合は玉髪は向いていない!というのが、私の心からの意見です。

「色味は綺麗だけれど、染まりはあまり良くない!」っという感じですね。

ぜひぜひ参考にしていただければ、幸いです。
【満足度96%】返金保証付玉髪の現在の価格や詳細はコチラ!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。