【元美容師が評価】テンスター ヘナトリートメント(ライトブラウン)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回は市販の白髪用カラートリートメント『テンスター ヘナカラー(ライトブラウン)』の染まり具合&7日後の色持ち具合を徹底検証していきます!

結論から先に言ってしまうと、、、他のテンスターシリーズ同様、「染めた直後は綺麗な色味だが、色持ちは悪いっ!」っというのが正直な所です。

っということでカラーリストとしても、1000人以上白髪染めを施術してきた私が『テンスターライトブラウン』の染まり具合を解説してきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束ではカラートリートメント自体の色味をチェック。中央の白髪の毛束では、実際の白髪を染毛した時のイメージを掴むために使用。

最後の黄色の毛束では「黄色っぽい白髪の人」向きにどの程度黄色みが抑えられるのか?をチェックしていきます。

そして、重要な7日後の色持ちですがただ単に7日間放置するだけじゃなく、最も色落ちの原因となる”シャンプー”を7回連続で実施し、より現実に近い7日後の色落ち具合を再現していきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

テンスターのパッケージ裏面にも「5分放置ですすぐ!」とは書いてあるんですが、5分で染まるのはかなり染まりやすい人だけです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でテンスター ヘナカラートリートメント(ライトブラウン)で染めた結果がコチラ↓うん!色味はパッケージ通りの色味に近い”自然なライトブラウン”で文句なしに綺麗な発色です。

ただ、、、テンスターの中で一番明るい色味というのもあるので仕方ない部分もありますが、一発だとしっかり白髪をカバー出来ている感はありません。

テンスターさんのカラートリートメントは全体的に”色味”に関しては綺麗な発色ではあるんですが、”染まり”と”色持ち”は正直言って悪いんですよね・・・

他のメーカーの『ビゲン』などに比べれば全然使えるレベルですが、やはり市販の限界なのか色持ちが良いカラートリートメントと比較しちゃうと、悪い!っと言わざるを得ない染まり方です。

っというわけで、1つずつ毛束を見ていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な”色味”をチェックする為に白の毛束をチェック!

上記でも挙げたように、”色味”に関しては「これぞっ!ライトブラウン!」っと言えるほど綺麗なライトブラウンに染まっております。

パッケージの色味に近く、ややオレンジ味が感じられる暖かなブラウンですね。色味の好き嫌いに関しては個人差があると思いますが、この色味を見て「この色嫌いっ!」っという人はかなり少ないのではないかと 笑

ただ、かなり明るい色味なので仕方ないのですが、完全に染まりきっておらず全体的に”白浮き”している感はありますね。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いてみんな気になる白髪がどの暗い染まるのか?!っという点ですが・・・ちょっと画像を見て頂ければ3秒位で分かるくらいに「染まりが悪い」です(汗)

毛束全体を眺めると綺麗なライトブラウンに染まっている感じはするのですが、何本も何本も”白髪浮き”している毛が目立っております。

まあ、一番明るい”ライトブラウン”というカラーなので、染料が薄めなのはありますが「白髪の数が多い方」「白髪が染まりにくい人」に関してはこのカラートリートメントは絶対に向いていないかと思います。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて、黄色みの強いブリーチ毛です。強いダメージを受けている毛束なのもあって、他の毛束よりもややしっかりめに色が入っています。

”ライトブラウン”というよりかは他メーカーで言う”ブラウン”くらいのカラーに染まっていますね。

もし、あなたが「白髪染めを何度も繰り返して、結構髪が傷んでいるわ~」っということであれば、同じように思ったよりも暗く染まる可能性はあるのでその点は注意です。

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて、みんな気になるのが7日後の色持ち具合。いくら染毛直後に綺麗に染まっていようと、”色味”がキープ出来なければその分お金も時間も多くかかっちゃいます。。。

結局、美容室に行くのと対してコストも手間も変わらないじゃんっ!ってこともありますからね。

っということでテンスターライトブラウンの7日経過後の毛束群がコチラ↓ブワッ!染めた直後は染まりが悪いといえどキッレーな”ライトブラウン”に染まっていたのですが、7日も経過するともはや”オレンジアッシュ”的な色味にまで退色しちゃっています。

今一度、染毛直後の毛束を見て頂きたい!↓

3つの毛束全て激しい退色が感じられますが、特に白の毛束と白髪の毛束はOUT!ですね。完全に退色しちゃってます。

また、1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
上記でも挙げたように、染毛直後は綺麗な”ライトブラウン”に染まっておりました。

その時点でも「ちょっと染まりは悪いかな?」っと言う感じではありましたが、一番明るいライトブラウンという点を考慮すればまあ許容範囲内です。

ただ、7日経過後に関しては擁護のしようが無いほど退色しちゃって毛束元々の白っぽさと、オレンジ味が混ざって”オレンジアッシュ”的な色味に変わっちゃっています。

う~ん。こんだけ色落ちが激しいとかなり使いづらいのは間違いなさそうですね・・・

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

そして!最も気になるのが白髪のカバー具合です、

が!こちらに関しても白の毛束同様にかんなり、かんなり退色が激しく全体的に白っぽさが露出しております(汗)

まだかろうじて、染料が毛髪に付着してはいますが、染まりにくい白髪部分は”白髪が丸出し”状態ですし全く白髪をカバーできておりませぬ。。。

明るい色味なので色持ちが悪めというのはありますが、、、それにしても退色が激しすぎますね。

もし、あなたがテンスターのライトブラウンでしっかり白髪をカバーしたいなら、2~4日に一回くらいは再染毛が必要かと思われます。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて、黄色のブリーチ毛ですが、こちらに関しては上の2つの毛束よりも色持ちが良い感じ。

かなりのダメージ毛なので2つよりも多くの染料が毛髪に定着し、その分色持ちがよく見えるのかと思われます。ただ、「やっぱり”ライトブラウン”にしては暗すぎるよなぁ・・・」っというのが私の本音ではありますね。

とにかく黄色みを抑えたく、赤茶系のダークブラウンを目指す人は使ってみても良いかもしれません。

【結論】綺麗な発色だが、色持ちは”かなり悪い”です。

テンスターさんの商品全般に言えるのですが、染毛直後はキッレーな色味に染まるんです。ただ、肝心の”色持ち具合”がやっぱり悪いんですよね・・・

一番明るい色味というのもあって今回の”ライトブラウン”はテンスターさんの商品の中でも、最も”色持ちが悪い”っと感じちゃいました。

あなたの白髪が「かなり染まりやすい」「本当に数本しかない」「元々白髪染めをしていて、全体的に明るいカラー」っという場合なら使ってみるのはありかも知れません。

が!白髪をしっかりカバーしたいと言う人や、出来るだけ長持ちさせたいと言う人のは全くもって向いていないカラーだなぁと言うのが正直な所です。

同じ市販カラートリートメントでかなり染まりが悪い『プリオール』なんかに比べれば大分マシではありますが・・・
【3色全部比較!】即購入注意!あなた向きのプリオールカラーコンディショナーはどれ?

もし、あなたがテンスターの商品を検討しているならぜひぜひ当記事を参考の1つにしてみてくださいね!
【全5色比較!】どの色を選ぶべき?「テンスター ヘナカラートリートメント」の染まり&色持ちをレビュー!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。