【元美容師が評価】ティアラ カラーリンス(ダークブラウン)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回は誰もが知る、大手化粧品会社の資生堂さんが販売する『ティアラトリートメントカラーリンス』のダークブラウン色を全力でレビューしてきます。

で、結論から言うとこのカラートリートメント”論外”です(汗)

っというのもそもそも染まりも悪い、、、っというかぜんっっぜん染まらないですし、色持ちも私が検証してきた数十種類以上のカラートリートメントの中でも最低レベルなんです。

「どれだけ色持ち悪いの?」っと疑問をお持ちのあなたにも是非、実際に染めた毛束を見て頂きたいです。本当にビックリしますので。

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

ティアラのパッケージにも「染毛後5分間放置」と記載されていますが、正直どんなに染まるカラートリートメントでも。5分放置で染まる人ってそうそういません。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でティアラ トリートメントカラーリンス(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓
白の毛束に着目すると、染まっているようには見えますが他メーカーさんのよく染まるカラートリートメントに比べるとかんなり染まり悪いです。

更に中央の白髪の毛束なんか染毛直後にも関わらず、白髪が染まっているどころか”白髪丸出し”状態です・・・

いやいや、今までも染まりの悪いカラートリートメントはいくつか有りましたが、こんなに染まらないカラートリートメントは初めてで、ビックリというか「クレームとか大丈夫なの?」っと逆に心配になるレベル。

以前も資生堂さんの商品『プリオールカラートリートメント』もかなり染まり悪かったのですが、今回はそれ以上かと。。。
【3色全部比較!】即購入注意!あなた向きのプリオールカラーコンディショナーはどれ?

もしかすると、資生堂さんはそれほどカラートリートメントには力を入れていないのかも知れません。

とりあえず1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味を見ていきます。が!ダークブラウンとパッケージには書かれていましたがダークブラウンじゃないでしょコレ・・・

誰がどう見てもブラウンじゃなく、”アッシュグレー”と言う感じの青みがかったくすんだ色に染まっています。

この色味自体は綺麗は綺麗なんですが、ダークブラウンをイメージしてこの色に染まったらちょっとガッカリを通り越して、怒りを感じるかと(汗)

メーカーによってダークブラウンと言っても色味は違いますが、あまりにもイメージしている”ダークブラウン”とかけ離れ過ぎかと思います。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

問題はコレ。白髪の染まりに関してですが、もはや染まりが悪いどころか「全く染まっていない」っと言い切ってもいいくらい染まっていないです。

今回の検証では他の商品の検証と同じように、”乾燥状態で30分放置”とメーカーの推奨する時間よりも多く放置して染まりやすくしています。

にも関わらず染まった部分を探す方が難しいくらいの染まり具合なんですよね・・・

パッケージに書いてあるとおり、シャンプー後の濡れた状態(染まりくい状態)でたった5分放置だったら、どんだけ染まらないんだろう?と恐怖すら覚えます。

資生堂さんのプリオールというカラートリートメントもかなり染まりが悪かったのですが、今回はそれ以上に染まり悪いです。
【3色全部比較!】即購入注意!あなた向きのプリオールカラーコンディショナーはどれ?

ちょっとこれ商品化しちゃマズイんじゃないでしょうか(汗)

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて黄色の毛束ですが、こちらもブリーチ毛でハイダメージな毛束にも関わらず、ぜんぜん染料が入っていません。

ブリーチ毛なので通常は想定よりも”暗く染まってしまう”ことの方が多いのですが、ティアラの場合は「ちょっと色が入ったかな?」程度。

ほんとうに少しだけ黄色みは抑えられている感じはしますが、実用レベルじゃ無いですね。

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて重要なのが、染毛7日後の色持ち具合です。正直、染毛直後の次点でアウトぉぉ!!なのですが、一応どの程度色持ちが良いのか?も検証。

っということでコチラが”ティアラダークブラウン”の7日経過後の毛束ちゃん達↓

「予想に反して色持ちは良いっ!」っと言いたかったのですが、読者さんに嘘はつけません。色持ちに関しても最低レベルでした・・・

どのくらい色落ちが激しいのか確認するために、染毛直後の画像をもう一度見てください↓

なんかもう先もう直後からして、”アッシュグレー”なのですが7日も経過するとその”アシュグレー”の色味すらもうっすくなって”グレー”のような色味になっちゃっています。

むぅぅぅ。。。これで満足する人は果たしているのだろうか?っとメーカーに問いたくなるほど色持ちも悪い。

一応、1つずつ細かくチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは色味の変化から。一応染毛直後はダークブラウンとはかけ離れてはいるものの、”アッシュグレー”っぽい綺麗な色味には染まってました。

が!7日も経過すると綺麗な青みは消え失せ、微かに染料が残った”グレー”と言う感じの色味に変化しちゃっております。

まあ綺麗な色味ではあるのですが、かなり白髪に近い色味なので、白髪を隠すという面ではかなり弱いかと。

っと書いていて思ったのですが、この『ティアラ』という商品は白髪を隠すというよりも、白髪を綺麗に見せるような使い方が良いのかもですね。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて白髪の染まり具合ですが、こちらも酷い。私は出来るだけ商品をズタボロに酷評するだけでなく、その商品の良いところを引き出したいと思っています。

のですが、ちょっとコレは、、、どう贔屓目に見ても”全く染まっていない”ようにしか見えません(汗)

よーーーーく10秒くらい眺めれば「染まって、、、、いる?」というような部分もあるいはありますが、間違いなく色持ちも今の時点でワーストです。

染まりが悪いカラートリートメントでも「複数回染めれば、なんとか染まるかな?」と言うような商品は多くありますが、この商品は何度染めれば白髪が染まるのか?検討もつきませんでした。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
元から染まりが悪いので、比較しても違いが分かりづらいですが7日経過後んの方が、ほんのすこ~し白っぽくなっていますね。

どちらにしろ実用レベルのものでは無いので、これ以上何とも言おうがありません・・・

【結論】”現時点でワースト”の染まり、色持ちでした。

結論から言うと私が今執筆している次点で間違いなくワーストの染まり具合&色持ちです。間違いなく断言できます。

このトリートメントを検証する前は、同じく資生堂さんが販売している『プリオール』がワーストでしたが、それを上回る染まりの悪さです。
【3色全部比較!】即購入注意!あなた向きのプリオールカラーコンディショナーはどれ?

「もしかすると資生堂さんは、白髪カラートリートメントにあまり力を入れていないのか?」っと思ってしまうほど、他メーカーさんとの差が激しいんですよね。。。

白髪を染めるというよりは、白髪を綺麗に魅せる商品なのか?っとも思ったのですが、特にそのような記載はパッケージにされていませんし・・・謎。

もし、あなたが『ティアラカラートリートメント』のダークブラウンでしっかり白髪を隠したいと思っているのであれば、「それは待てぃいい!」っとネットの片隅から進言させて頂きたいです。

ぜひぜひご参考に頂ければ幸いですm(_ _)m

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。