【元美容師が評価】トップバリュカラートリートメント(ダークブラウン)7日後の色持ちを検証!徹底検証!

元美容師Mです。

イオンのプライベートブランド『トップバリュカラートリートメント(ダークブラウン)』の7日後の色持ち&染まり具合を画像を交えて解説していきます!

誰もが知っているイオンのプライベートブランドなので「もしや意外に結構染まるのでは?!」っと期待したのですが・・・

実際に染めてみると全然ダメぇぇ!!でした(汗)っというのも発色はまあまあ綺麗なブラウンなのですが、染まりがあまりにも悪すぎます。

ではどのような色に染まって、白髪はどの程度カバー出来るのか?実際に染めた毛束を見ていましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

トップバリュカラートリートメントの説明欄にも「5分放置した後、すすぐ」っと書かれてはいます。

ただ、白髪の染まりやすさは人によって全ッ然違いますし、たったの5分で染まる人なんてほぼいません(汗)

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でトップバリュカラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

「うおおお!意外に綺麗なブラウンに染まってるじゃんっ!」っと見た瞬間は私も興奮しました。

ダークブラウンにしては色に深みが無く、かなり安っぽいブラウンではありますが、”ライトブラウン”感覚ならまあありな色です。

でも、よーく毛束を観察するとかなり×10染まりが甘い。アンパンより甘い。

特に中央の白髪の毛束はかろうじて染料がくっついているかな?くらいで、決してコレで白髪を染めよう!だなんて思えません(汗)

ではどのような色味に染まって、どの程度色持ちするのか?1つずつ見ていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味をチェック。上記でも述べたように、発色自体は自然なブラウンで悪くありません。(あくまでもトップバリュにしては、、ですが)

予め”ライトブラウン”くらいの色味に染まると、分かっていて使うなら色味だけで言えば許容範囲。

ただし!”ダークブラウン”という商品名にしては、かなり安っぽいブラウンなので、深みのあるダークブラウンを期待して使うと間違いなくガッカリするかと。

プライベートブランドにしてはまあまあですが、、、やっぱりコレでダークブラウンっというのはキツイものがありますね。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

問題はコレ!!染毛直後にも関わらず、”白髪の部分が丸出し”状態です・・・

もちろん、かろうじて髪の毛に染料がしがみついている感じはしますが、どこが白髪部分なのか?はひと目で分かっちゃいます。

他メーカー製のダークブラウンより白髪の染まりはかなり悪い!っと言わざるを得ませんね。

あなたが予め白髪染めをしていて「色が落ちてきたわ~」ッと言うなら染料を補給する意味合いで使ってみるのは、、、まあありかもしれません。

が!このトップバリュカラートリートメントだけでしっかり白髪を染めるのは、難しいかと思われます。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

ブリーチ処理した、ハイダメージの黄色みが強い毛束です。

うーん。。。カラートリートメントはダメージ毛であればあるほど、染料が入っていくのですが、全ッ然!!染まっていません。

一応かろうじて、茶色くなった?くらいには染まっていますが、ちょっとこれは使い物にならないレベル。

ブリーチ毛でこれだけ染まりが悪いカラートリートメントは久々に見ましたね。

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて重要なのが「どの程度色が持つのか?」っという点です。染めた直後からして染まりが悪すぎなので、色持ちがなんだって話ですが、一応見ていきます。

で、コチラが7日経過したあとの毛束ちゃん達↓コチラが染毛直後の毛束ちゃん↓

完・全・OUTです(笑)こうやって比べてみると、染毛直後は一応は染料が髪に付着しているのが分かります。

しかし!7日経過後の毛束は見るも無残な姿に・・・特に中央の白髪の毛束なんて”染める前と同じくらい”に白髪が露出しちゃっています。

む~ちょっとこれは、、、私が80種類くらい検証した白髪カラートリートメントの中でもワーストレベルっと言っても間違いないかと。

では1つずつ毛束を見ていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは色味の変化をチェック!一番マシな変化がこの毛束です。

マシと言っても見て分かる通り、”ライトブラウン”⇛”アッシュブラウン”くらいに色が落ちちゃっています。

7日後の色落ちがあまりにも激しいので、染毛直後の毛束が割と染まっているように見える錯覚に襲われるレベルです。

どう贔屓目に見ても”ダークブラウン”じゃあなく、”ライトブラウン”くらいの発色レベルですね・・・

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
そして私が最も「だめだこりゃ」っと思ってしまったのがコレ。

染毛直後からして”白髪丸出し”状態レベルの染まりでしたが、7日経過後の方はもはや「染毛前の毛束さん?」っと問いかけたくなるほど白髪が露出しちゃっています。

5秒位凝視すれば一応、毛束中央辺りに染料らしきものがうっすら残ってはいますが、毛先は本当に酷い。

私も今まで80種類くらいはカラートリートメントを検証してきましたが、ワーストもしくは限り無くワーストに近いレベルの色持ち具合です。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いてハイダメージ毛の黄色の毛束です。割と染まっているような錯覚に陥りそうですが、ブラウンの赤みが落ちているのが分かります。

ハイダメージ毛なのもあって上記の2つの毛束よりは、マシではありますが、そもそもの染まりが悪いので使いものにはならなそうですね・・・

【結論】発色は意外のGOOD。染まり、色持ちは絶望的。

染毛直後の発色は思ったよりは良かったです。っと言っても”ダークブラウン”にしてはかなりうっすーいブラウンですし、安っぽいブラウンなのでオススメ!とは言い難いですけどね。

トップバリュという安価なプライベートブランドにしては、頑張っている方かな?っと思いました。

しかし!白髪染めに最も重要とも言える白髪の染まり&色持ちに関しては、絶望的なレベル。

染毛直後からして、どの毛が白髪なのか?丸わかりですし、7日経過したらほぼ完全に染毛前くらいに白髪が露出しちゃっていますからね・・・

何度も何度も何度も!連続して染めれば、そりゃまあいくらかは染まるでしょう。

だけど、そんなにお金と手間をかけるなら、もっと染まりの良いカラートリートメントを使ったほうが間違いなく幸せになれるかと。

市販のものでも、コレよりしっかり染まるものはいくらでもありますしね(汗)

もし、あなたがトップバリュカラートリートメントを検討しているなら、ぜひ参考にして頂ければ幸いm(_ _)m

 

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。