【元美容師が評価】うるプラ美人 カラートリートメント 7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回は『愛しとーと うるぷら美人カラートリートメント(ダークブラウン)』の染まり、色味、7日後の色持ちを徹底検証していきます!

発色自体はかなり綺麗なカラートリートメントだったのですが、「色持ちがかなり悪いなぁ・・・」っというのが私の本音です。

これでもっと色持ちが良ければ、優良カラートリートメント!っと堂々と読者さんにオススメできるのですが、この色持ちの悪さだとちょっとオススメできません。

実際にうるプラ美人カラートリートメントで染めた毛束を見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でうるプラ美人カラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

GOOD!一言でダークブラウンと言っても、全然ブラウンに染まらないカラートリートメントもかなり多いんです。

しかし!今回のうるプラ美人はかなり自然なブラウンで発色は良い感じ!これは誰が見ても間違いなくブラウンっと答えるでしょう。

強いて言うなれば、ダークブラウンにしてはやや明るめで、もう少し深みのあるブラウンだと嬉しい所。

他メーカーのカラートリートメントでいうと”ナチュラルブラウン”程度の色味ですね。ですが、色味自体は綺麗で自然なブラウンなので許容範囲内ではあります。

ではどのような色味に染まるのか?1つずつ毛束をチェックシていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずはカラートリートメントの純粋な色味をチェック!

上記でもお伝えしたように誰が見ても「ブラウン!」っと即答するくらい自然で綺麗なブラウンに染まっています。

本当にほんの~り赤みを感じますが、不自然なほどではなく上品。ただ、ダークブラウンというカラー設定にしてはちょっと明るめのブラウンではありますね。

今まで80種類以上のカラートリートメントを検証してきましたので言えるのですが、他メーカーで言う”ナチュラルブラウン”程度のブラウンです。

もし、あなたが「明るすぎず、暗すぎず深みのあるブラウンで染めたい!」っと感じているならちょっと物足りなさは感じるかもしれませぬ。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪部分の染まり具合をチェック。

色味がやや明るめのブラウンだったので、「白髪部分は染まらないかもなぁ・・・」っと不安だったのですが、意外にも綺麗に染まりました。笑

よーく画像を観察すると白髪部分は、黒毛の部分に比べて赤茶っぽくなり”白髪浮き”はしています。

が、カラートリートメントで一度染めで、これだけ染まれば合格レベルと言って間違いないです。

こんだけ染まるなら、もっとしっかりめに染めたい!と言う人は2度3度連続で染めれば対応できるはず。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

ブリーチ処理を施した、ハイダメージの黄色みの強い毛束。

ブリーチしているので、キューティクルが開いている状態になり通常よりも染料が入りやすい状態です。

っというのもあって上記の2つの毛束よりも、深みのあるブラウンに染まり上がりました。やや赤みが強めに出ているような感じ。

あなたが白髪染めを繰り返して、ハイダメージ毛になっているなら同じようにしっかりめに染まる可能性があります。

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて染毛直後と同じくらい重要な項目が「どのくらい色持ちするのか?!」と言う点ですね。

いくら染毛直後はしっかりガッツリ染まっても、たったの数日で色落ちしちゃったらお金も時間も無駄にかかりまくりますので・・・

で、今回のうるプラ美人なのですが、、、この”色持ちが絶望レベルに悪い”んです(汗)

っという事で早速見ていただきたいのが、実際に7日経過した毛束↓

ぐぬぅぅう、、、染毛直後はなかなか綺麗なブラウンに染まっていましたが、7日経過するとボッロボロです・・・

あなたにも比較して頂きたいので、もう一度染毛直後の画像を載せますね↓

「えぇぇこんなにカラートリートメントって退色するの?」って言うほど、3つの毛束全てにおいてかなり、退色しているのが確認出来るかと思います。

染毛直後はかなり鮮やかなブラウンだったのに、激しく退色して”オレンジブラウン”?のような色味になっちゃっています・・・

ではどのように色味が変化しているのか?!1つずつチェックしていきましょう。

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

純粋な色味の変化をチェック!染毛直後はほんの~り赤みを感じるブラウンに染まっていました。

が!7日経過後は見るも無残に”オレンジブラウン”いや、”オレンジグレー”的な色にまで退色しちゃっております。

ダークブラウン系のカラートリートメントも数十種類以上検証していますが、色持ちの悪さはワーストレベルかと(汗)

染毛直後の色味は明るめとは言え、なかなか綺麗なブラウンだったのですが、これだけ退色が激しいとちょっと使いづらいですね。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

私が今回の中で一番色落ちしすぎぃぃ!っと叫びたくなったのがこの毛束。

画像を見ていただくと一発で「うわ!こんなに色落ちしちゃうのか!」っとお分かりいただけるほどの激しい退色具合です(汗)

染毛直後もチラチラと”白髪浮き”している部分は見かけられましたが、7日後は毛束全体の染毛が落ちてしまって”白髪丸出し”状態です・・・

うーん。色味自体はなかなか綺麗だったので色持ちが良ければ、優良カラートリートメントにしたい所だったのですが、ちょっと使い物にならないレベルです。

このカラートリートメントでしっかり白髪をカバーしたいなら2~4日に一度は再染毛が必要になるんじゃないかと思います。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いて黄色みが強いハイダメージ毛の毛束。

こちらについてもかなり退色が激しいです・・・染毛直後は鮮やかなやや赤っぽいブラウンに染まっていました。

が!7日経過後は鮮やかな赤っぽさは完全に消失し、安っぽい茶色になっちゃっています(汗)

【結論】染めた直後の色味は良いが、色持ちが悪すぎました。

染めた直後の色味があと、、あと3,4日でもキープ出来ればっ!っと思わされるカラートリートメントでした。

染毛直後の色味はちょっと明るめではあるものの、普通に綺麗なブラウンだったので色持ちが良ければ、本当に良カラートリートメントになりえた商品だと思います。

ただ、私も数々のカラートリートメントを検証してきましたので、言えるのですが今回のうるプラ美人は本当にかなり色持ち悪いです(汗)

全てのカラートリートメントで一番色持ちが悪い!っとまでは行かなくても、恐らく5本の指に入るくらい色持ちが悪いんですよ。

これだけ色持ちが悪いと再染毛の頻度が高くなりますので、お金も手間もかなりかかると予想されます。

正直、私はこのカラートリートメントをオススメすることは出来ません。

美容室に行くよりも”低コスト、時短出来る”というのがカラートリートメントのメリットのはずですが、この2大メリットが皆無なので・・・

もし、あなたがうるプラ美人カラートリートメントを検討しているなら、ぜひ参考の1つにしてみてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。