【元美容師が評価】ウエラトーンカラートリートメント(ダークブラウン)7日後の色持ちは?

元美容師Mです。

ウエラというプロ用のカラー剤も販売している会社が販売している『ウエラトーンカラートリートメント(ダークブラウン)』の染まり、7日後の色持ちを画像を交えて解説していきます!

結論を最初に言ってしまうと、染まり、色持ちはかなり良いんです。

ただ、、、私が80種類程度検証してきたカラートリートメントの中でも”トップクラスにクセのある色味”です。

好きな人は好きな色何だろうけど、嫌いな人はトコトン嫌いな色味だと思いますので、かなり人を選ぶカラートリートメントですね(汗)

では実際に毛束に染めた画像を交えて色持ち、色味等を見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

ウエラトーンのパッケージにも「5分置いてからすすぎます」っと書かれてはいますが、正直5分で染まる人ってそうそういません・・・

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でウエラトーン(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

今まで80種類くらいのカラートリートメントを検証していきましたが、最も衝撃を受けました。(笑)

ダークブラウンではなく、完全にバイオレットです。スーパーバイオレットです。

「えっえええ!コレダークブラウンで染めたよな?!」っとパッケージを何度も確認しましたが、ダークブラウンっとしっかり書かれています。

かなり深みのある紫で綺麗ではあるのですが、ダークブラウンを期待してコレで染めたら・・・うーんビックリすると言うか外に出られなくなる人もいるんじゃないかと・・・

色味チェック(白の毛束)

純粋な色味のチェック!なのですが、、、やっぱりどう見てもブラウンじゃあありません(汗)

あまりにも紫なので、「あれ?間違えて紫カラーで染めちゃったっけ?」っと自分を疑ったくらいです。

この毛束何色に見えますか?っと100人に聞いたら、100人とも「紫!」っと答えるであろうほどの紫っぷりです。

個人的には綺麗な色味だなぁとは思うのですが、自然なブラウンで白髪を染めたい人がコレに染まったらちょっとキツイものがあるかと。

予めこの色に染まるっと分かっていて使うならアリですが、ダークブラウンを期待して使うなら無しですね。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪部分がどれだけカバー出来るのかチェック。

色味的にはかなりクセのある色味なんですが、白髪部分は割としっかり目にカバー出来ています。

もちろん、カラートリートメントなのでよーく観察すると「ああココが白髪だな」っと分かるくらいに”白髪浮き”はしていますが、許容範囲内。

もう一つ付け加えると、バイオレット系の色味はカラーの中でも最も”ツヤ感”が出る色味なんです。それもあって、ツヤ感に関してはかなり感じられました。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いてブリーチ処理を施した、黄色みの強い毛束。

染料がかなり濃いめなのもあって、色の入りやすいダメージ毛だとブラックに近い色味に染まります。

光にあって透かすとバイオレット感が感じられますが、暗いところだと完全にブラックですね。

ただ、紫系の色味なので反対色の嫌らしい黄色みを打ち消してくれています。黄色みを抑えたい!という人はアリかと思いますよ!

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて7日経過するとどの程度色が落ちるのか?を検証していきます。いくら染毛直後はしっかり染まっていても、たった数日で色落ちしてしまえばコストも手間もかかりまくりますので重要ポイント。

っということで、コチラが「7日経過後の毛束」です↓
む~。色味にかなりクセはありますが、色持ちに関してはなかなかGOOD!です。突出して良いッ!ってわけでも無いですが、悪くない色持ち具合です。

今一度、染毛直後の画像を見比べてみてくださいね↓流石に7日も経過しているので、染毛直後と比べてしまうと色落ちは感じられますが、カラートリートメントとしては良い方です。

ああ、これでもっとブラウン感が強ければ・・・君はあまりにもバイオレット過ぎるッ!!

ではまた1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
7日経過しているにも関わらず、かなりしぶとく紫が残っていますね。

流石に染毛直後と比較すると”色の深み”が失われて、ややアッシュよりには退色していますが、まだまだしっかり染まっています。

染毛直後に感じられた”ツヤ感”もかなり失われつつありますが、色持ちに関して言えばGOOD!

あなたが紫好きであれば、現時点で最強のカラートリートメントであることには間違いないです。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて白髪の毛束ですがコチラはそこそこ退色しているのが確認できます。

染毛直後は「そこそこ白髪浮きしているかな~」程度でしたが、7日経過すると”白髪浮き”している部分がかなり増えちゃっています。

っと言っても、カラートリートメントとしてはメチャクチャ色持ちが悪い!ってほどでもなく、まあまあっと言った所。

間違っても1週間は持つ!なんて言いませんが、4~5日に一回程度再染毛すれば、しっかりめに白髪をカバー出来るかと思いますよ。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて黄色みの強い毛束ですが、コチラに関しては上記の2つほど退色が感じられませんでした。

よーく見るとバイオレットブラック⇛ソフトブラック、、、のような色味に変化してはいますが、染料が多く入っているのもあって大きく変化はしていません。

もし、あなたが白髪染めを繰り返して、かなりハイダメージ毛になっているのであれば、同じようにかなり暗く染まる可能性があるのでその点は注意です。

【結論】クセはありますが染まり、発色はGOOD!

正直言って、これをダークブラウンっと言うのは厳しいものがあるかと(汗)

カラートリートメントとしては染まり具合や発色はGOOD!なのですが、問題は超絶クセのある色味です。

ブラウンカラー特有の深みのある茶色感はまっったく感じられませんし、なぜこの商品が”ダークブラウン”と名称で販売されているのかが、ちょっと意味わかりません。。。

バイオレット好きにはたまらなく最高のカラートリートメントだと思いますが、紫に染まることを知らないで使ったらビックリ・・・

っというか怒りすら感じるかもしれませんね。

もし、この記事を読んでいただいているあなたが「紫が好き!紫に染めたい!」っと言うなら間違いなく最高のカラートリートメントです。

逆に「自然なブラウンで白髪を染めたい!」というのであれば、このカラートリートメントを選択する事は無いかと思います。

ウエラトーンのカラートリートメントを検討しているのであれば、ぜひぜひ参考までに!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。