【元美容師が評価】ウエラトーンツープラスワンの染まりを7日検証した結果・・・

今回は市販の白髪染めクリームでも割と老舗商品の『ウエラトーンツープラスワン(5B)』の染まり具合&7日後の色持ちを徹底検証してきます。

他の白髪染めよりもやや価格が高いので「ボッ○クリでは?!」っと勘ぐってしまったのですが、実際に染めてみると確かにキレーに染まるんですよ。コレが。笑

ウエラトーンのカラートリートメントは割と酷い色味だったので、あまり期待していていなかったのですが、この白髪染めは使ってみるのはアリ!ですね。

では一体どんな色味に染まってどの程度色持ちするのか?1000人以上は白髪染めをしてきた、元カラーリストが解説してきます!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、20分放置した結果・・・

「せっかく白髪染めで染めるならしっかり染めたい!」という人に多いのですが、放置時間をパッケージに書いてあるものよりも長く放置する方。

これはずぇっったいに止めたほうが良いです。っというのもカラートリートメントの場合は放置時間を長くおけばその分染料が浸透し、染まりが良くなるという事もあります。

が、白髪染めの場合は一定の時間が過ぎると化学反応しなくなるので、いくら長時間置いても染まりが良くなることは無いんです(汗)

むしろ、アルカリ剤は過酸化水素などの髪にダメージを与える成分が配合されているので、痛みまくります。時間はぜっったい守りましょう!

という事で今回はウエラトーンツープラスワンに記載してある20分という放置時間をキッチリ守って検証。

ウエラトーンツープラスワン(5B)で染めた結果がコチラ↓
うむ・・・キレイに染まっております。カラーリストとしては市販でキレイに染まってしまうと、ちょっと悔しい気持ちもあるのですが、認めなければなるまい・・・

色味に関しても本当に自然で上品なブラウンですし、白髪部分もしっかり染まってカバー力も高いですね。

以前検証した、ウエラトーンのカラートリートメントダークブラウンは中々酷い色味だったので、「まさか白髪染めも、変な色なのか?」っと思いきや白髪染めは問題ナシでした。↓
⇛【検証】7日後の色持ちは?ウエラトーンカラートリートメント(ダークブラウン)はクセが強い色味でした・・・

では一体どんな色味に染まって、白髪部分はどの程度カバー出来ているのか?1つずつ毛束を見ていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味をチェックする為に、白の毛束をチェック。もうホント惚れ惚れするくらい”THEブラウン”ですね。

無難といえば無難なブラウンではありますが、ほんの~り温かみのあるブラウンなのでどんな人でも似合い易いですし、変に赤みが強すぎたり、アッシュが強すぎたりということもありません。

「自然に白髪を染めたい」という方なら、間違いなく満足できる色味かと思いますよ!

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて最も気になるのが白髪がどのくらい染まるのか?!という面ですね。

見てもらえばお分かり頂けると思いますが、もうほぼ完璧に白髪部分はカバーできとります・・・

よーく、よーく見ると本当に少し白髪部分が明るくはなっていますが、黒毛部分と白髪部分の明るさはかなり馴染んでいますので、カバー力は必要十分ですね。

市販のカラー剤なんてッ!っと思っていましたが、、、これだけしっかり染まるならセルフカラーもありだなぁっと思っちゃったり(元カラーリストのくせに)

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いてハイダメージ&黄色みが強い毛束をチェック!なんで、ダメージ毛なんか?っと思われるかもしれません。

ただ、白髪染めを繰り返し施術しているとどんどん髪がボロボロになってしまい、カラー剤の染料を必要以上に吸収しやすい毛質になって思ったよりも暗く染まってしまうことがあるんですね。

なので、意外にダメージ毛だとどの程度染まっちゃうのか?チェックすることは重要なんです。

で、染まり具合ですがやはりダメージが蓄積しているだけあって、白の毛束よりよりダークなブラウンに染まっていますね。

とは言え、真っ黒!ってわけでもないのでダメージ毛であっても使いやすいカラー剤であるのは間違いない!

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後の染まり具合とおんなじくらい重要なのが「どれだけ色持ちするのか?」と言う点です。

パッケージには「色持ち余裕の6週間」っと6週間色持ちすることを彷彿とさせるフレーズが書かれています(決して6週間持つ!とは書かれていない)

で実際に色持ち具合も検証してみたのですが、流石に6週間色持ちさせるのは難しそう・・・っというのが本音ですね。

そもそも、6週間も経ったら根本の白髪部分が伸びてくるので色持ちとかそういう問題でもないですが。

っという事でコチラが7日経過したあとの毛束↓正直パッと見ただけだと、「あれ?あんまり色持ちしていない?」っと感じるかもしれません。

一応、染毛直後の画像ももう一度張ってみます↓

うーん、、、正直遠目からだとわかりませんね(汗)ただ、後述しますが、1つずつ毛束を見ると案外色落ちしているのは感じられます。

遠目で見て分からないという事は、それだけカバー力が高いとも言えますけどね。それよりも気になったのが”毛束のパサツキ感”

画像を見ただけでもお分かり頂けるかと思いますが、一発の染毛でバサボサになってしまいました・・・

これは私がわざと毛束をぐちゃぐちゃにしたわけじゃなく、白髪染めによってダメージを負ったところにシャンプーを繰り返したので、パサツキまくっているという感じです。

流石にダメージ量はカラートリートメントと比じゃないくらい、ダメージがありますね↓
【元美容師が解説】白髪染めとカラートリートメントの5つの違いと選び方とは?

っという事で、続いて色味の変化も見ていきましょう。

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

染毛直後はほんの~り赤みがある温かみのあるブラウンでした。が、7日経過すると退色しやすい赤色が落ち、ややアッシュブラウンっぽい色味になっていますね。

とは言っても大幅に色味が変わっている!という感じでもなく、まだまだ自然なブラウンです。

流石に少し色落ちしている感じはしますが、まだまだ色持ちしそうな感じ。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いて白髪毛束の変化。染毛直後は「どこが白髪だったのか分からない!」っというのは言い過ぎかもしれませんが、しっかりカバーできていました。

一方、7日後の毛束を見るとまだまだカバー出来ているのは間違いないですが、染毛直後と比べてしまうと白髪部分がやや明るくなっているのが分かります。特に根本付近の辺り。

白髪部分がカバー出来ているとは言え、流石に6週間色持ちするは言い過ぎかもしれませんね。。。

色持ちは通常の白髪染めとしてはまあまあと言った所。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓

7日経過後の画像↓濃い濃いダークブラウンに染まっていたのが、7日経過後はそれがやや薄くなっているなぁ~程度。

ダメージ毛に対して色持ちしやすいカラーなのかもしれませんね。

ただ、それよりも気になったのがダメーーージ!画像を見比べるとお分かり頂けると思いますが、明らかに7日後の方が毛の数が少ないです。

っというのもシャンプー中にバサバサと毛がどんどん絡まって抜けていくんですよね・・・

まあ、ブリーチ毛に白髪染めを使っているので仕方無いと言えば仕方ないですが、やはりダメージ量はカラートリートメントより明らかに高いですね。
【2019年版】元美容師が「市販白髪カラートリートメント」ランキングBEST5を発表します。

【結論】色味、色持ちは良し!ちょっとダメージは高めかも?

白髪染めの機能面。色味や白髪のカバー力、色持ちに関しては市販白髪染めの中では良い方に感じました。

ライバル商品とも言える、『ビゲン香りのヘアカラー』と比べてみても値段が高いだけあってウエラトーンの方がややしっかり染まる印象。
【7日検証】色持ち悪め!「ビゲン香りのヘアカラー」染まりを元美容師が全力レビュー!

ただ、染まりが良い分やや薬剤が強いのか、髪のパサボサ具合はコチラのほうが上。どうみても、コチラの方がダメージは高く感じました・・・

まあビゲンにしろ、ウエラトーンにしろアルカリ剤を使っているカラーなので、使えば使うほどダメージがどんどん蓄積するので、あなたが「ダメージを抑えたい!」というのであれば、サロンで白髪する事を強くオススメしたい所ですね。
【元美容師が解説】白髪染めはサロンと自宅どっちが良い?4つの違いを比較した結果・・・

サロンでも痛みを0にすることは出来ませんが、今のダメージ具合に応じてリタッチや薬剤パワーが優しいものに切り替えたりもできるので。

毎回毎回、市販の白髪染めで染め続けるのじゃなく、サロンカラーの合間に使っていくのが良いのかなぁと思います。

もう1つはカラートリートメントですね。「カラートリートメントなんてぜっったい染まらないだろ!」っと思っていたのですが、90商品くらい購入、検証して分かりましたが染まるものはホント染まります。ビビるほどに。笑
【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたがとにかくダメージを抑えたい!けど白髪はしっかり染めたい!と言うなら一度カラートリートメントを検討するのもオススメです。

現役だったら、絶対にサロンカラーを薦める所ですが私の場合は”元”美容師なので、本当に良いものは薦められるのが良いですね。

では参考にしてただければ幸いですm(_ _)m

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2019】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。